ニュース

平田オリザ脚本、古典バレエ原案のNoism新作『ラ・バヤデール―幻の国』

Noismの新作公演『劇的舞踊「ラ・バヤデール―幻の国」』が、6月17日から新潟・りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場で上演される。

りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館の専属ダンスカンパニーであるNoism。同施設の舞踊部門芸術監督である金森穣によって2004年に立ち上げられ、国内唯一の公共劇場専属舞踊団として活動している。

同公演はオペラやバレエなどで知られる物語を、Noismオリジナルの物語として描く「劇的舞踊」シリーズの第3弾。古典バレエの作品『ラ・バヤデール』を原案に、劇作家で演出家の平田オリザが脚本を書き下ろした。草原の国「マランシュ」を舞台に、政治、宗教、民族などにおける人々の対立を経て、崩壊していく国の物語を描く。

出演者にはNoismの副芸術監督で舞踊家の井関佐和子をはじめとするメインカンパニーNoism1や、研修生カンパニーNoism2のメンバーが名を連ねているほか、SPAC-静岡県舞台芸術センター所属俳優の奥野晃士、貴島豪、たきいみきが出演する。また空間デザインは建築家の田根剛、衣裳はISSEY MIYAKEのデザイナー・宮前義之が手掛けている。

なお同公演は新潟での上演後、神奈川、兵庫、愛知、静岡、鳥取を巡回する。新潟、神奈川、兵庫、愛知公演のチケットは現在販売中。静岡公演のチケットの一般発売は5月29日にスタートする。

イベント情報

Noism 劇的舞踊 vol.3
『ラ・バヤデール―幻の国』

演出:金森穣
脚本:平田オリザ
音楽:L.ミンクス、笠松泰洋
空間:田根剛(DORELL.GHOTMEH.TANE / ARCHITECTS)
衣裳:宮前義之(ISSEY MIYAKE)
木工美術:近藤正樹
出演:
Noism1&Noism2
奥野晃士(SPAC - 静岡県舞台芸術センター)
貴島豪(SPAC - 静岡県舞台芸術センター)
たきいみき(SPAC - 静岡県舞台芸術センター)

新潟公演
2016年6月17日(金)~6月19日(日)全3公演
会場:新潟県 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場
料金:
一般 S席4,000円 A席3,000円
U25 S席3,200円 A席2,400円

神奈川公演
2016年7月1日(金)~7月3日(日)全3公演
会場:神奈川県 横浜 KAAT神奈川芸術劇場
料金:5,500円

兵庫公演
2016年7月8日(金)、7月9日(土)全2公演
会場:兵庫県 西宮 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
料金:A席4,000円 B席2,500円

愛知公演
2016年7月16日(土)全1公演
会場:愛知県 名古屋 愛知県芸術劇場 大ホール
料金:SS席5,500円 S席4,000円 A席3,000円 学生2,000円
※車いす席、チャレンジシートあり

静岡公演
2016年7月23日(土)、7月24日(日)全2公演
会場:静岡県 静岡芸術劇場
料金:一般4,100円

鳥取公演
2016年9月24日(土)全1公演
会場:鳥取県 米子市文化ホール

Noism 劇的舞踊 vol.3『ラ・バヤデール―幻の国』メインビジュアル
Noism 劇的舞踊 vol.3『ラ・バヤデール―幻の国』メインビジュアル
Noism 劇的舞踊 vol.3『ラ・バヤデール―幻の国』リハーサルの様子 撮影:遠藤龍
Noism 劇的舞踊 vol.3『ラ・バヤデール―幻の国』リハーサルの様子 撮影:遠藤龍
Noism 劇的舞踊 vol.3『ラ・バヤデール―幻の国』リハーサルの様子 撮影:遠藤龍
Noism 劇的舞踊 vol.3『ラ・バヤデール―幻の国』リハーサルの様子 撮影:遠藤龍
Noism 劇的舞踊 vol.3『ラ・バヤデール―幻の国』リハーサルの様子 撮影:遠藤龍
Noism 劇的舞踊 vol.3『ラ・バヤデール―幻の国』リハーサルの様子 撮影:遠藤龍
Noism 劇的舞踊 vol.3『ラ・バヤデール―幻の国』リハーサルの様子 撮影:遠藤龍
Noism 劇的舞踊 vol.3『ラ・バヤデール―幻の国』リハーサルの様子 撮影:遠藤龍
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開