原美術館『みんな、うちのコレクションです』展にアイ・ウェイウェイ初期作

『みんな、うちのコレクションです』展が、5月28日から東京・品川の原美術館で開催される。

1979年に開館した原美術館。個人邸宅として1938年に建てられた建物の空間を利用し、森村泰昌、奈良美智、宮島達男らの作品を館内に常設展示しているほか、敷地内の庭にも李禹煥、杉本博司、三島喜美代らの作品が設置されている。

約2年ぶりの全館を使ったコレクション展となる同展では、約千点にのぼる同館のコレクションから、横尾忠則、加藤泉、クリスト&ジャンヌ=クロード、ウィリアム・ケントリッジらの絵画、彫刻、ドローイング、映像作品などを紹介。さらにアイ・ウェイウェイの初期作品や、昨年に逝去したトミエ・オオタケの絵画も展示される予定だ。会期中の8月13日と14日にはトヨダヒトシによるスライドショーも行なわれる。

イベント情報

『みんな、うちのコレクションです』

2016年5月28日(土)~8月21日(日)
会場:東京都 品川 原美術館

時間:11:00~17:00(水曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(7月18日は開館)、7月19日
料金:一般1,100円 大高生700円 中小生500円
※原美術館メンバーは無料、学期中の土曜は小中高生の入館無料

  • HOME
  • Art,Design
  • 原美術館『みんな、うちのコレクションです』展にアイ・ウェイウェイ初期作

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて