ノゾエ征爾主宰の劇団はえぎわ、新作『其処馬鹿と泣く』に宮崎吐夢ら

劇団はえぎわの舞台『其処馬鹿と泣く』が、8月27日から東京・日比谷のイマジンスタジオで上演される。

1999年に活動をスタートし、2001年に劇団化したはえぎわ。主宰のノゾエ征爾は2012年に『◯◯トアル風景』で『第56回岸田國士戯曲賞』を受賞したほか、蜷川幸雄の遺志を継いで12月に上演される『1万人のゴールドシアター2016』の脚本・演出を手掛ける。

新作公演『其処馬鹿と泣く』には宮崎吐夢(大人計画)、清水優が客演。さらにノゾエをはじめ、井内ミワク、鈴真紀史、滝寛式、竹口龍茶、踊り子あり、川上友里、鳥島明、富川一人がキャストに名を連ねている。チケットの販売は6月26日10:00からスタート。

イベント情報

はえぎわ
『其処馬鹿と泣く』

2016年8月27日(土)~9月7日(水)全14公演
会場:東京都 日比谷 イマジンスタジオ

作・演出:ノゾエ征爾
出演:
井内ミワク
鈴真紀史
滝寛式
竹口龍茶
踊り子あり
宮崎吐夢
清水優
川上友里
鳥島明
富川一人
ノゾエ征爾
料金:前売 一般3,500円 学生2,500円 高校生以下1,500円 当日4,000円

  • HOME
  • Stage
  • ノゾエ征爾主宰の劇団はえぎわ、新作『其処馬鹿と泣く』に宮崎吐夢ら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて