津田直が沖縄の離島を捉えた写真展、フィールドワークシリーズ第3弾

津田直の写真展『IHEYA・IZENA』が、8月19日から東京・恵比寿のPOST、9月9日から沖縄・宜野湾のD&DEPARTMENT OKINAWA by OKINAWA STANDARDで開催される。

1976年に神戸で生まれた写真家・津田直。2001年から国内外で展覧会を中心に活動するほか、近年では現代美術のフィールドを越えて他分野との共同制作や雑誌連載、講演会、特別授業などを行なっている。

沖縄本島北西部に位置する伊平屋島と伊是名島に数年間にわたって訪れ、撮影した写真集『IHEYA・IZENA』の刊行にあわせて開催される同展。『IHEYA・IZENA』は、北欧のサーメ人を被写体にした『SAMELAND』、ミャンマー北西部に住むナガ族を被写体にした『NAGA』に続く、フィールドワークから生まれた写真集の第3弾となる。津田が豊見山愛と共にテキストも手掛けており、アートディレクションとデザインは田中義久(Nerhol)が担当。

東京会場初日の8月19日にはオープニングレセプションを開催するほか、両会場共に会期中にはトークイベントを予定。詳細はPOSTのオフィシャルサイトで確認しよう。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

イベント情報

津田直写真展
『IHEYA・IZENA』

東京会場
2016年8月19日(金)~9月17日(土)
会場:東京都 恵比寿 POST
時間:12:00~20:00
休廊日:月曜
料金:無料

沖縄会場
2016年9月9日(金)~10月4日(火)
会場:沖縄県 宜野湾 D&DEPARTMENT OKINAWA by OKINAWA STANDARD
時間:11:00~19:30
休廊日:水曜
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • 津田直が沖縄の離島を捉えた写真展、フィールドワークシリーズ第3弾

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて