阿部寛×天海祐希『恋妻家宮本』に菅野美穂、相武紗季、早見あかりら

映画『恋妻家宮本』の追加キャストが発表された。

2017年1月28日から全国東宝系で公開される同作は、ドラマ『女王の教室』『家政婦のミタ』などの脚本を手掛けた遊川和彦が初監督を務める作品。息子が独立し、25年ぶりに夫婦2人だけの生活を送ることになった中学校教師の宮本陽平が、妻・美代子による離婚届を偶然発見してしまう、というストーリーだ。陽平役を阿部寛、美代子役を天海祐希が演じる。

発表された追加キャストは、陽平と同じ料理教室に通う五十嵐真珠役の菅野美穂、同じ料理教室に通う門倉すみれ役の相武紗季、陽平の教え子の祖母で正論を振りかざす天敵・井上礼子役の富司純子。また工藤阿須加、早見あかりが大学時代の陽平と美代子を演じるほか、佐藤二朗が真珠と喧嘩が絶えない夫・五十嵐幸次役にキャスティングされている。工藤と早見はしぐさや癖などを研究して撮影に臨み、阿部と天海に「まるで本当に若い頃の自分たちを見ているよう!」と賛辞を受けたという。

作品情報

『恋妻家宮本』

2017年1月28日(土)から全国東宝系で公開

監督・脚本:遊川和彦
原作:重松清『ファミレス』(日本経済新聞出版社)
出演:
阿部寛
天海祐希
菅野美穂
相武紗季
富司純子
工藤阿須加
早見あかり
佐藤二朗
配給:東宝

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 阿部寛×天海祐希『恋妻家宮本』に菅野美穂、相武紗季、早見あかりら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて