山内ケンジ監督の新作『テラスにて』、男女の欲望が交錯する予告編公開

映画『At the terrace テラスにて』の予告編が公開された。

10月29日に『第29回東京国際映画祭』日本映画スプラッシュ部門でプレミア上映され、11月5日から東京・新宿武蔵野館で1週間限定で公開される同作。演劇ユニット・城山羊の会を主宰するほか、CMディレクターとしてソフトバンクのCM「白戸家」などを手掛ける山内ケンジ監督の新作となり、『第59回岸田國士戯曲賞』を受賞した自身の戯曲『トロワグロ』を、舞台上演時と同じキャストで映画化する。

物語の舞台は、パーティーが行なわれているある夜の屋敷のテラス。宴が終わりかけ、帰り際に残った数人と屋敷の主人夫妻の7人の登場人物による90分間の出来事を描く会話劇だ。キャストには石橋けい、平岩紙、古屋隆太、岩谷健司、師岡広明、岡部たかし、橋本淳が名を連ねている。

予告編では、石橋けいと平岩紙が穏やかな口調で言い合いをするシーンや、平岩の白い腕に男たちが熱い視線を向ける様子、石橋がキスを迫る場面など、テラスを舞台に各人物の欲望や嫉妬、秘密が明らかになっていく様が映し出されている。

作品情報

『At the terrace テラスにて』

2016年11月5日(土)から新宿武蔵野館で7日限定公開
監督・脚本:山内ケンジ 出演: 石橋けい 平岩紙 古屋隆太 岩谷健司 師岡広明 岡部たかし 橋本淳 配給:SPOTTED PRODUCTIONS
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 山内ケンジ監督の新作『テラスにて』、男女の欲望が交錯する予告編公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて