『MONKEY』特集「映画を夢みて」にオースター、イシグロ、西川美和ら

特集記事「映画を夢みて」が10月15日発売の文芸誌『MONKEY Vol.10』に掲載される。

翻訳家・柴田元幸の責任編集による『MONKEY』。今回の特集「映画を夢みて」は映画と小説をテーマに構成される。目次には、ポール・オースターが映画『縮みゆく人間』について綴るノンフィクション『映画に打たれて』や、カズオ・イシグロが手掛けた1984年放送のテレビドラマ用脚本『ザ・グルメ』、西川美和のインタビューや西川が映画監督を主人公に描いた短編小説が並ぶ。執筆者にはジャック・ロンドン、石川美南、戌井昭人らも名を連ねる。

また川上弘美、古川日出男、岸本佐知子による連載を収録。表紙には手塚治虫によるイラストが使用されている。

リリース情報
  • HOME
  • Book
  • 『MONKEY』特集「映画を夢みて」にオースター、イシグロ、西川美和ら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて