園子温のロマンポルノ作『ANTIPORNO』、筒井真理子がヌード披露

2017年1月28日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される園子温監督によるロマンポルノ作品映画『ANTIPORNO』の追加キャストが発表された。

「日活ロマンポルノ」のプロジェクト「ROMAN PORNO REBOOT PROJECT」の一環で制作された同作。小説家兼アーティストとして時代の寵児となり、極彩色の部屋にこもりながら分刻みのスケジュールをこなす主人公・京子の抱えた秘密が、虚構と現実の狭間で暴かれていくというあらすじだ。これまでに京子役を冨手麻妙が演じることが明らかになっていた。

今回出演が発表されたのは、『第69回カンヌ国際映画祭』ある視点部門の審査員賞を受賞した深田晃司作『淵に立つ』にも出演している筒井真理子。『ANTIPORNO』では冨手演じる京子のサディスティックな振る舞いを受け止めるマネージャーの典子役を演じ、同作で初めて本格的なヌードを披露する。

あわせて同作のポスタービジュアルが公開。劇中にも登場する、画家・篠原愛による絵画の前で、セーラー服に下着姿で横たわる京子の姿が写し出されてる。

なお11月16日にNHK BSプレミアムで放送される『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』で日活ロマンポルノを特集。女優の白川和子や「ROMAN PORNO REBOOT PROJECT」に参加している中田秀夫監督らが出演する。

作品情報

『ANTIPORNO』

2017年1月28日(土)から新宿武蔵野館ほか全国順次公開
監督・脚本:園子温 出演: 冨手麻妙 筒井真理子 不二子 小谷早弥花 吉牟田眞奈 麻美 下村愛 福田愛美 貴山侑哉
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 園子温のロマンポルノ作『ANTIPORNO』、筒井真理子がヌード披露

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて