ライターの雨宮まみが逝去、自宅で事故のため

ライターの雨宮まみが、11月15日に逝去したことがわかった。40歳だった。

雨宮のウェブ連載「40歳がくる!」を掲載している大和書房のオフィシャルサイトによると、雨宮は15日の朝、自宅で事故のために亡くなった。心肺停止の状態で床に倒れているところを警察に発見されたという。葬儀は親族のみで執り行われ、一般に向けたお別れ会の開催は現時点では予定されていない。

雨宮まみは1976年生まれ、福岡出身。2011年に発表した著書『女子をこじらせて』で話題を集め、2013年の『新語・流行語大賞』にノミネートされた「こじらせ女子」の命名者として広く知られたほか、エッセイなどの執筆活動、イベント出演、人生相談など様々な活動を行なっていた。

  • HOME
  • Book
  • ライターの雨宮まみが逝去、自宅で事故のため

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて