泥棒対策ライト『ドラマティック横丁』再演、スカパラ茂木欣一が曲提供

泥棒対策ライトの舞台『ドラマティック横丁』が、12月22日から東京・三軒茶屋のシアタートラムで上演される。

泥棒対策ライトは振付家・演出家の下司尚実が主宰するユニット。役者、ダンサー、人形使いなど多様なジャンルのキャストを迎えて公演を行なっている。『ドラマティック横丁』は2014年に東京・渋谷のspace EDGEで初演された作品で、世田谷パブリックシアターの若手劇団公募企画「シアタートラム ネクスト・ジェネレーション」に選出され、今回は新たな演出・キャストでの再演となる。

出演者には下司に加え、佐々木富貴子、鈴木美奈子、傳川光留、長尾純子、丸山和彰、若松力、渡辺芳博が名を連ねている。またオープニング楽曲を茂木欣一(東京スカパラダイスオーケストラ)が提供しているほか、12月23日の終演後には衣装を担当しているスズキタカユキをゲストに迎えたポストトークが行なわれる。

なお泥棒対策ライトのオフィシャルサイトには渡辺いっけい、永積崇(ハナレグミ)が寄せた応援コメントが掲載中だ。

※記事掲載時から一部内容が変更になりました。

イベント情報

シアタートラム ネクスト・ジェネレーション vol.9
泥棒対策ライト◎11号機設置公演
『ドラマティック横丁』

2016年12月22日(木)~12月24日(土) 会場:東京都 三軒茶屋 シアタートラム
作・演出・振付:下司尚実 出演: 佐々木富貴子 鈴木美奈子 傳川光留 長尾純子 丸山和彰 若松力 渡辺芳博 下司尚実 料金:一般3,500円 U24チケット2,500円 小・中・高校生1,000円 未就学児500円
  • HOME
  • Stage
  • 泥棒対策ライト『ドラマティック横丁』再演、スカパラ茂木欣一が曲提供

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて