『札幌国際芸術祭2017』参加作家第2弾に宇川直宏、石川直樹、岸野雄一ら

『札幌国際芸術祭2017』第2弾参加アーティストが発表された。

8月6日から北海道・札幌の札幌芸術の森、モエレ沼公園など市内各所で行なわれる『札幌国際芸術祭2017』。ゲストディレクターに大友良英を迎え、「芸術祭ってなんだ?」をテーマに据えている。

今回参加が明らかになったのは、藤田陽介、石川直樹、岸野雄一、今野勉、クワクボリョウタ、Sachiko M、さわひらき、テニスコーツ、宇川直宏の9組。

宇川は札幌市内にDOMMUNEのサテライトスタジオを設置し、日本の現代アーティスト100人の個人史やコンセプトを掘り下げるプロジェクト『THE 100 JAPANESE CONTEMPORARY ARTISTS』の第5弾を展開。またSachiko Mがプロジェクトディレクターを務めるAsian Sounds Researchによる展覧会企画『OPEN GATE 2017 ~動き続ける展覧会~』の開催も新たに明らかになった。

なお『札幌国際芸術祭2017』の開催に先駆けて様々なプロジェクトが展開。その一環として、2月に行なわれる『さっぽろ雪まつり』の会場に岸野雄一が監修した高さ15メートルにおよぶ大雪像が登場。同作を使った新作パフォーマンスが披露される。

イベント情報

『札幌国際芸術祭2017』

2017年8月6日(日)~10月1日(日) 会場:北海道 札幌 札幌芸術の森、モエレ沼公園、まちなかエリア、円山エリア、札幌市資料館、JRタワープラニスホール、札幌大通地下ギャラリー500m美術館ほか
参加作家: ARTSAT×SIAFラボ dj sniff EYヨ 堀尾寛太 マレウレウ 毛利悠子 中崎透 大友良英+青山泰知+伊藤隆之 刀根康尚 梅田哲也 ユエン・チーワイ レトロスペース坂会館 大漁居酒屋てっちゃん 藤田陽介 石川直樹 岸野雄一 今野勉 クワクボリョウタ Sachiko M さわひらき テニスコーツ 宇川直宏 ほか
  • HOME
  • Art,Design
  • 『札幌国際芸術祭2017』参加作家第2弾に宇川直宏、石川直樹、岸野雄一ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて