ニュース

『AERA』の表紙にジェフ・ミルズが登場 撮影は蜷川実花

ジェフ・ミルズが本日2月6日発売の雑誌『AERA』の表紙を飾っていることがわかった。

表紙の撮影は昨年から『AERA』の表紙撮影を手掛けている蜷川実花が担当。同誌には、2月22日と25日に行なわれるミルズと東京フィルハーモ二ー交響楽団のコラボレーション公演のナビゲーターを務める湯山玲子が寄稿しており、テクノやエレクトロミュージックとコラボレーションするクラシック界の新潮流「ネオクラシック」について解説している。

あわせてミルズの来日公演の東京公演にU-zhaanがゲスト出演することも発表。1996年に発表されたミルズの楽曲“The Bells”の演奏に参加する。

『AERA 2017年2月13日号』表紙
『AERA 2017年2月13日号』表紙
U-zhaan
U-zhaan
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ゲット・アウト』予告編

10月27日に日本での公開を控える新感覚ホラー『ゲット・アウト』の予告編。人種差別が大きなテーマとなる本作は、2月にアメリカで公開されると、大反響を巻き起こした。チャンス・ザ・ラッパーにいたっては、シカゴの映画館で1日分の鑑賞チケットを買い占め、ファンを無料で招待するほどの惚れ込みようだとか。上映が待ち遠しい。(久野)