辻仁成監督『TOKYOデシベル』 松岡充&安倍なつみ&安達祐実が共演

辻仁成監督の映画『TOKYOデシベル』が5月20日から東京・ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国で公開される。

辻にとって2014年公開の『醒めながら見る夢』以来の監督作となる『TOKYOデシベル』は、フランスでも翻訳されている自身の同名小説が原作。「東京の音の地図を作る」という夢を持つ大学教授の宙也と、彼のもと去った恋人のフミ、宙也にフミの生活を盗聴することを持ちかける謎の女マリコが織り成す物語を描く。

主人公の宙也役を演じるのは松岡充(SOPHIA、MICHAEL)。マリコ役を安倍なつみ、フミ役を安達祐実が演じるほか、音楽監督としてSUGIZO(LUNA SEA、X JAPAN)が参加している。エグゼクティブプロデューサーは芸能事務所タイタンの社長・太田光代が務める。今回の発表とあわせて予告編、ポスタービジュアルも公開された。

作品情報

『TOKYOデシベル』

2017年5月20日(土)からユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国公開
原作・監督・脚本:辻仁成 音楽:SUGIZO 出演: 松岡充 安倍なつみ 長井秀和 鈴木優希 宮地大介 入江要介 村井良大 SUGIZO 山中秀樹 坂上忍 安達祐実 上映時間:97分 配給:タイタン
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 辻仁成監督『TOKYOデシベル』 松岡充&安倍なつみ&安達祐実が共演

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて