ニュース

辻仁成監督『TOKYOデシベル』 松岡充&安倍なつみ&安達祐実が共演

辻仁成監督の映画『TOKYOデシベル』が5月20日から東京・ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国で公開される。

辻にとって2014年公開の『醒めながら見る夢』以来の監督作となる『TOKYOデシベル』は、フランスでも翻訳されている自身の同名小説が原作。「東京の音の地図を作る」という夢を持つ大学教授の宙也と、彼のもと去った恋人のフミ、宙也にフミの生活を盗聴することを持ちかける謎の女マリコが織り成す物語を描く。

主人公の宙也役を演じるのは松岡充(SOPHIA、MICHAEL)。マリコ役を安倍なつみ、フミ役を安達祐実が演じるほか、音楽監督としてSUGIZO(LUNA SEA、X JAPAN)が参加している。エグゼクティブプロデューサーは芸能事務所タイタンの社長・太田光代が務める。今回の発表とあわせて予告編、ポスタービジュアルも公開された。

『TOKYOデシベル』ポスタービジュアル ©「TOKYO DECIBELS」製作委員会
『TOKYOデシベル』ポスタービジュアル ©「TOKYO DECIBELS」製作委員会
『TOKYOデシベル』 ©「TOKYO DECIBELS」製作委員会
『TOKYOデシベル』 ©「TOKYO DECIBELS」製作委員会
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bunkamura ザ・ミュージアム『オットー・ネーベル展』開催記念 林正樹氏サロン・コンサート『響き合う色と形』より“魔術師ホトクト”

画家オットー・ネーベルにより1934年に描かれた絵画『魔術師ホトクト』から音楽家・林正樹がインスピレーションを受けて生み出された演奏。まざまざと感じる、その表現の豊かさ。絵画に込められた情感が、時を隔てて現実の世界にじんわりとにじみ出てくるようだ。音を先行して聞くと、この絵画にどんなイメージを抱くだろう? もしくはその逆はどうだろうか。紹介動画のなかに、インスピレーション元となった絵画も登場するので是非、ご自身の感覚を確認してほしい。Bunkamura ザ・ミュージアム『オットー・ネーベル展』は12月17日まで。(宮原)

  1. 成田凌が杉咲花に「結婚しよう」 ティファニー×ゼクシィのコラボ映像公開 1

    成田凌が杉咲花に「結婚しよう」 ティファニー×ゼクシィのコラボ映像公開

  2. 「あの国民的キャラ」が水死体に 岡本光博『THEドザえもん展』12月開催 2

    「あの国民的キャラ」が水死体に 岡本光博『THEドザえもん展』12月開催

  3. 濱田龍臣主演ドラマ『モブサイコ100』に波岡一喜、与田祐希 ビジュアルも 3

    濱田龍臣主演ドラマ『モブサイコ100』に波岡一喜、与田祐希 ビジュアルも

  4. 石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も 4

    石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も

  5. 井浦新、瑛太ら318人が「愛とセックス」を語る『東京グラフィティ』特集 5

    井浦新、瑛太ら318人が「愛とセックス」を語る『東京グラフィティ』特集

  6. 加藤諒が再び殿下に、舞台『パタリロ!』第2弾 三津谷亮、小林亮太も登場 6

    加藤諒が再び殿下に、舞台『パタリロ!』第2弾 三津谷亮、小林亮太も登場

  7. 堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義 7

    堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義

  8. 167作家×靴下メーカー かかとのないオリジナル靴下展示『つつの靴下展』 8

    167作家×靴下メーカー かかとのないオリジナル靴下展示『つつの靴下展』

  9. 柴田聡子が見た言葉をめぐる展覧会『ヒツクリコ ガツクリコ』展 9

    柴田聡子が見た言葉をめぐる展覧会『ヒツクリコ ガツクリコ』展

  10. 高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」 10

    高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」