ニュース

ドラマ『サイタマノラッパー』に中村静香、松尾諭が出演 OP・ED曲続報も

左から中村静香、松尾諭
左から中村静香、松尾諭

連続ドラマ『SR サイタマノラッパー~マイクの細道~』の新たなゲスト出演者が発表された。

今回出演が明らかになったのは、岩手・遠野にある「どぶろく屋」の店主で、皆川猿時演じるカブラギを翻弄する橘雪役の中村静香、劇中に登場するヒップホップクルーSHO-GUNGと協力してラップを繰り広げる謎の男・邦夫役の松尾諭。撮影は中村と松尾が出演する遠野でのパートを終え、現在は別の地で行なわれているという。

あわせて同作のオープニングテーマ、エンディングテーマのタイトルが発表。オープニングテーマはRHYMESTERによる“マイクの細道”、エンディングテーマはぼくのりりっくのぼうよみによる“つきとさなぎ”となる。またSHO-GUNGの旅の様子を描いた同作のキービジュアルも公開されている。

4月7日からテレビ東京、テレビ大阪ほかで放送される『SR サイタマノラッパー~マイクの細道~』は、入江悠監督による映画シリーズ『SR サイタマノラッパー』の初となるドラマ版。ヒップホップクルー・SHO-GUNGのメンバーであるIKKU、TOM、MIGHTYの3人が東北各地を転々とする姿を描く。IKKU役を駒木根隆介、TOM役を水澤紳吾、MIGHTY役を奥野瑛太が引き続き演じるほか、山本舞香、皆川猿時がキャストに名を連ねる。

なお放送初日の4月7日には神奈川・川崎のCLUB CITTA'でライブイベント『SR サイタマノラッパー THE LIVE MIC in NEXTSTAGE』が開催。SHO-GUNGがオープニングアクトとして出演する。

『SR サイタマノラッパー~マイクの細道~』キービジュアル
『SR サイタマノラッパー~マイクの細道~』キービジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)