湯浅政明監督『夜明け告げるルーのうた』予告編 人魚と少年のひと夏描く

湯浅政明監督の新作アニメーション映画『夜明け告げるルーのうた』の予告編が公開された。

5月19日にから公開される『夜明け告げるルーのうた』は、湯浅監督にとって初のオリジナル劇場用新作映画。人魚が災いをもたらすと伝えられる漁港の町・日無町を舞台に、心を閉ざした少年・カイと人魚の少女・ルーのひと夏の物語を描く。声優陣にはルーの声を演じる谷花音、カイ役の下田翔大をはじめ、篠原信一、千鳥の大悟とノブらが名を連ねている。

予告編ではカイの「俺、本当はこの町も誰も、なんも好きじゃないんだ…」と語るセリフなど、ルーとの出会いによって自分の思いを次第に口にすることができるようになっていくカイの様子を垣間見ることができるほか、人魚が災いをもたらすと信じる町の住人たちとルーの間に溝が生じていく様が、斉藤和義の主題歌“歌うたいのバラッド”にのせて映し出されている。

作品情報

『夜明け告げるルーのうた』

2017年5月19日(金)から全国公開
監督:湯浅政明 脚本:吉田玲子、湯浅政明 主題歌:斉藤和義“歌うたいのバラッド” 音楽:村松崇継 声の出演: 谷花音 下田翔大 篠原信一 柄本明 斉藤壮馬 寿美菜子 大悟(千鳥) ノブ(千鳥) 上映時間:113分 配給:東宝映像事業部
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 湯浅政明監督『夜明け告げるルーのうた』予告編 人魚と少年のひと夏描く

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて