新ユニット「橋本絵莉子波多野裕文」結成、PV公開&6月にアルバム

橋本絵莉子(チャットモンチー)と波多野裕文(People In The Box)が新ユニット「橋本絵莉子波多野裕文」を結成。6月21日に1stアルバム『橋本絵莉子波多野裕文』をリリースする。

「橋本絵莉子波多野裕文」によるアルバムは、橋本が「自分以外の誰かが作った曲を歌いたい」という思いから波多野に曲作りを持ちかけたことを発端にして実現。昨年夏からプリプロダクションを重ね、昨年末から今年1月にかけて全9曲のレコーディングを行なったという。全ての楽器を2人だけで演奏しており、橋本は主に作詞とドラム、ボーカル、波多野は作曲とギター、ベース、ピアノなどを担当した。

今回の発表とあわせて波多野が作詞作曲を手掛けた収録曲“トークトーク”のPVが公開。PVは同曲のレコーディング風景を織り交ぜた映像になっている。同曲は本日4月12日から先行配信されている。また「橋本絵莉子波多野裕文」のオフィシャルサイトもオープンした。

橋本絵莉子のコメント

「自分以外の誰かが作った曲を歌いたい」
始まりは、こんな願望でした。自分から出てくるものに対して自信がなくなっていた時期でした。波多野くんにお願いした理由は、Peopleを夫婦でよく聴いていてファンだったから。チャットの求愛ツアーにも出てもらったし、曲を作ってもらうなら波多野くんがいいと思ったのです。
歌詞は、自分ではメロディーがつけられないものばかり渡しました。アルバムになって並べてみると、まんまと、徳島のことや家族のことばかりの歌詞でした。極私的な歌詞を、自分の想像の範疇にないメロディーで歌うことは、とても新鮮で、別人になったような不思議な感覚でした。
快く引き受けてくれた波多野くんに、願いを叶えてくれたキューンミュージックに、いつも見ていてくれるあっこちゃんに、感謝です。

リリース情報
  • HOME
  • Music
  • 新ユニット「橋本絵莉子波多野裕文」結成、PV公開&6月にアルバム

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて