ニュース

藤田貴大の初エッセイ集『おんなのこはもりのなか』 又吉直樹も「最高」

藤田貴大のエッセイ集『おんなのこはもりのなか』が、本日4月13日に刊行された。

劇団「マームとジプシー」を主宰する藤田貴大。舞台の演出や脚本を手掛け、2011年に『かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。』で『第56回岸田國士戯曲賞』を受賞したほか、小説や詩の執筆も行なっている。

『おんなのこはもりのなか』は藤田にとって初となるエッセイ集。週刊誌『an・an』上での同名連載をもとにした内容となり、女性にまつわる妄想や日常などがモチーフになっているという。装丁を名久井直子、イラストを青葉市子がそれぞれ担当している。また又吉直樹が「透きとおった変態性と切なさが最高でした」とコメントを寄せている。なお藤田は5月に詩集『Kと真夜中のほとりで』を上梓する。

『おんなのこはもりのなか』表紙
『おんなのこはもりのなか』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス “Tシャツ”

6月にストリーミング配信オンリーでリリースされたアルバム『Popcorn Ballads』から“Tシャツ”のPVが公開。約1分のロックチューンに合わせた、スピード感ある清々しい映像。劇中で強制着用させられる「サニーデイサービス」TシャツはROSE RECORDSのオンラインショップで予約販売中。曽我部恵一の愛犬・コハルちゃんが送る眼差し、においを嗅ぐ姿に悶絶。(川浦)