藤原竜也の殺人犯ビジュアル&クズシーン映像公開 映画『22年目の告白』

映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』の新たなビジュアルと映像が公開された。

ビジュアルは4月10日から新宿駅、東京駅、渋谷駅、池袋駅、秋葉原駅、新橋駅、横浜駅、大宮駅と各路線の中吊り広告に掲出されていたもの。藤原竜也演じる曾根崎の目が隠されたビジュアルになっている。

新たに公開された映像は曾根崎のキャラクターにフォーカスした内容になっており、殺人の告白本を出した曾根崎がマスコミを熱狂させ、大衆を魅了していく様が映し出されているほか、告白本の編集者・川北未南子の首を絞めながら「徹底的に売ってください」と詰め寄るシーンも確認できる。

6月10日から公開される同作は、被害者の近親者に殺人の瞬間を見せつけ、目撃者を殺さずに犯行をメディアで証言させるというルールのもとで行なわれた連続殺人事件を巡る物語。未解決のまま事件が時効を迎えた22年後に、犯人を名乗る男・曾根崎が犯行の手口を綴った手記を発表するというあらすじだ。監督は入江悠。キャストには藤原をはじめ、伊藤英明、夏帆、岩松了、野村周平、竜星涼らが名を連ねている。

作品情報

『22年目の告白-私が殺人犯です-』

2017年6月10日(土)から全国公開
監督:入江悠 脚本:平田研也、入江悠 主題歌:感覚ピエロ“疑問疑答” 出演: 藤原竜也 伊藤英明 夏帆 野村周平 石橋杏奈 竜星涼 早乙女太一 平田満 岩松了 岩城滉一 仲村トオル 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 藤原竜也の殺人犯ビジュアル&クズシーン映像公開 映画『22年目の告白』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて