エリック・ロメール×「女たち」の特集上映第2弾、『四季の物語』など18本

エリック・ロメール監督の特集上映『ロメールと女たち 四季篇』が、6月3日から東京・角川シネマ有楽町で開催される。

1920年にフランスで生まれたエリック・ロメールは、高校の文学教師を経て、『カイエ・デュ・シネマ』誌の編集長を務めながら1962年に初監督作品を発表。1983年に『海辺のポーリーヌ』で『第33回ベルリン国際映画祭』監督賞と国際批評家賞、1986年に『緑の光線』で『第43回ヴェネチア国際映画祭』金獅子賞を受賞している。2010年に89歳で逝去した。

昨年に開催された特集上映『ロメールと女たち』の第2弾となる同特集。ラインナップには、季節と愛を描く『四季の物語』シリーズの4作品をはじめ、『海辺のポーリーヌ』『緑の光線』『レネットとミラベル/四つの冒険』『友だちの恋人』といった前回の上映作品や、『愛の昼下がり』『聖杯伝説』といった長編、『第29回カンヌ国際映画祭』で審査員特別グランプリを受賞した『O侯爵夫人』、初期の短編『モンソーのパン屋の女の子』など全18作品が並ぶ。上映作品はデジタルリマスター版となる。

イベント情報

エリック・ロメール監督特集上映
『ロメールと女たち 四季篇』

2017年6月3日(土)~6月23日(金) 会場:東京都 角川シネマ有楽町
上映作品: 『春のソナタ』(監督:エリック・ロメール) 『夏物語』(監督:エリック・ロメール) 『恋の秋』(監督:エリック・ロメール) 『冬物語』(監督:エリック・ロメール) 『シュザンヌの生き方』(監督:エリック・ロメール) 『モンソーのパン屋の女の子』(監督:エリック・ロメール) 『獅子座』(監督:エリック・ロメール) 『コレクションする女』(監督:エリック・ロメール) 『モード家の一夜』(監督:エリック・ロメール) 『クレールの膝』(監督:エリック・ロメール) 『愛の昼下がり』(監督:エリック・ロメール) 『O侯爵夫人』(監督:エリック・ロメール) 『聖杯伝説』(監督:エリック・ロメール) 『海辺のポーリーヌ』(監督:エリック・ロメール) 『満月の夜』(監督:エリック・ロメール) 『緑の光線』(監督:エリック・ロメール) 『レネットとミラベル/四つの冒険』(監督:エリック・ロメール) 『友だちの恋人』(監督:エリック・ロメール)
  • HOME
  • Movie,Drama
  • エリック・ロメール×「女たち」の特集上映第2弾、『四季の物語』など18本

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて