ニュース

広瀬すずの「爽」CMに登場 NOSIGNER太刀川瑛弼デザイン「上を向く」ベンチ

「爽ハッピーベンチプロジェクト」ビジュアル
「爽ハッピーベンチプロジェクト」ビジュアル

「爽ハッピーベンチプロジェクト」がスタートした。

同プロジェクトは、株式会社ロッテアイスの商品「爽」が掲げる「NO THINK 爽ハッピー!」というコンセプトをベンチで表現する企画。ベンチは背もたれがたわむように設計され、自然に上を向いて気分転換することができるという。

デザインを手掛けたのは太刀川瑛弼(NOSIGNER)。太刀川は「一見フツーなんだけど、よく見るとちょっとヘンなヤツ、でもなんだか楽しそうだと思ってもらえるようなデザインに落とし込みたかったんです。ですから、パッと見ではたぶん、ほとんどデザインされていないように見えると思います」とコメントしている。監修は慶應義塾大学大学院SDM研究科委員長・教授の前野隆司。なおベンチは、広瀬すずが出演する「爽」のCMにも使用されているほか、今回の発表とあわせて広瀬が各地の方言で紹介する7種の告知映像も公開された。

今後は6月9日に東京・有楽町で開催されるイベントを皮切りに、全国で一般向けのベンチの体験会を実施するほか、企業やシェアオフィスにも導入される予定だ。詳細は「爽ハッピーベンチプロジェクト」のウェブサイトをチェックしよう。

「爽ハッピーベンチプロジェクト」ビジュアル
「爽ハッピーベンチプロジェクト」ビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)