ニュース

大林宣彦、井筒和幸、黒沢清らの18本上映 プロデューサー・佐々木史朗特集

『キツツキと雨』 ©2011「キツツキと雨」製作委員会
『キツツキと雨』 ©2011「キツツキと雨」製作委員会

上映企画『映画プロデューサー 佐々木史朗』が、6月27日から東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンター 大ホールで開催される。

1939年に生まれた映画プロデューサー・佐々木史朗。映像制作会社・東京ビデオセンターを経て、日本アート・シアター・ギルドやアルゴ・プロジェクトに参加し、橋浦方人、大森一樹、長崎俊一、森田芳光、井筒和幸、根岸吉太郎といった映画作家の作品をプロデュースした。1993年には映画の製作と配給を行なうオフィス・シロウズを立ち上げ、中江裕司、李相日、沖田修一といった作家を世に送り出している。

同企画では佐々木が制作や企画に携わった18人の監督による18作品を上映。ラインナップには大林宣彦監督『転校生』、森田芳光監督『家族ゲーム』、井筒和幸監督『ガキ帝国』、李相日監督『SCRAP HEAVEN スクラップ・ヘブン』、沖田修一監督『キツツキと雨』、柄本明監督『空がこんなに青いわけがない』、黒沢清監督『岸辺の旅』などが並ぶ。

期間中の7月1日と7月8日には佐々木によるトークイベントも開催。詳細は東京国立近代美術館フィルムセンターのオフィシャルサイトをチェックしよう。

『空がこんなに青いわけがない』 ©オフィス・シロウズ/サントリー
『空がこんなに青いわけがない』 ©オフィス・シロウズ/サントリー
『20世紀ノスタルジア』 ©Office Shirous
『20世紀ノスタルジア』 ©Office Shirous
『ナビィの恋』 ©1999オフィス・シロウズ/バンダイビジュアル
『ナビィの恋』 ©1999オフィス・シロウズ/バンダイビジュアル
『ごめん』 ©2002「ごめん」製作事業委員会
『ごめん』 ©2002「ごめん」製作事業委員会
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る