『THE ドラえもん展 TOKYO』にシシヤマザキ、クワクボリョウタら11組追加

『THE ドラえもん展 TOKYO 2017』の第2弾参加作家が発表された。

11月1日から東京・六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリーで開催される同展は、「あなたのドラえもんをつくってください」をコンセプトに、
様々なジャンルの美術家やアーティストがドラえもんをモチーフにした作品を制作する展覧会。2002年に開催された『THE ドラえもん』展に連なるプロジェクトとなり、企画・監修を美術史家の山下裕二が手掛ける。

今回参加が発表されたのは、クワクボリョウタ、後藤映則、近藤智美、坂本友由、シシヤマザキ、篠原愛、中里勇太、中塚翠涛、山口英紀+伊藤航、山本竜基、れなれなの11組。今回発表された11組は映画版の『ドラえもん』をモチーフにした作品制作を行なうという。なお7月には残る2組の参加作家が発表される予定だ。

あわせて、これまでに参加が明らかになっていた鴻池朋子、佐藤雅晴、西尾康之の制作風景も公開。鴻池は縫い合わせた牛皮の上に「しずかちゃん」をモチーフにした絵画を描くインスタレーション作品と、新作の映像作品の展示を予定している。佐藤は東京の各地をドラえもんが歩く映像作品を制作しており、西尾の作品は約2メートルのドラえもんの彫刻にプロジェクションマッピングを投影するという内容になっている。

イベント情報

『THE ドラえもん展 TOKYO 2017』

2017年11月1日(水)~2018年1月8日(月・祝) 会場:東京都 六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリー
参加作家: 蜷川実花 福田美蘭 村上隆 森村泰昌+コイケジュンコ 会田誠 梅佳代 小谷元彦 鴻池朋子 佐藤雅晴 しりあがり寿 西尾康之 町田久美 Mr. 山口晃 渡邊希 クワクボリョウタ 後藤映則 近藤智美 坂本友由 シシヤマザキ 篠原愛 中里勇太 中塚翠涛 山口英紀+伊藤航 山本竜基 れなれな ほか
  • HOME
  • Art,Design
  • 『THE ドラえもん展 TOKYO』にシシヤマザキ、クワクボリョウタら11組追加

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて