ニュース

京都の立誠シネマが営業終了&新拠点に移転 映画館や本屋の複合施設へ

立誠シネマロゴ
立誠シネマロゴ

京都のミニシアター・立誠シネマが7月30日をもって営業を終了。8月末から「出町座(仮)」として出町柳に移転することがわかった。

2013年に元・立誠小学校でスタートした立誠シネマ。元・立誠小学校跡地活用の進行によって、元・立誠小学校を民間事業者の運営に委ねることが決定したことに伴い、同施設でのプロジェクトの終了が決定したという。

移転後の出町座(仮)は、映画館、本屋、カフェ、スクールなどで構成される複合施設になる予定。本屋「出町書店(仮)」の運営にはホホホ座浄土寺店元スタッフのうめのたかし、小野友資(YUY BOOKS)、宮迫憲彦(フィルムアート社、Montag Booksellers)が参加する。

営業開始は8月末を予定しており、8月31日まで300万円の目標金額を掲げたクラウドファンディングプロジェクトも実施中。支援金額に応じたリターンには、出町座立上賛助会員資格やオープニングロールへの名前の掲載、劇場招待券などが用意されている。詳細はMotionGalleryのプロジェクトページをチェックしよう。

なお立誠シネマでは7月を「立誠シネマ・ラスト興行月間」とし、様々な作品を上映。現時点での上映作品には、片渕須直監督『この世界の片隅に』、大林宣彦監督『この空の花 長岡花火物語』、パトリシオ・グスマン監督『チリの闘い』、ジョナサン・デミ監督『ストップ・メイキング・センス』がラインナップしている。

※記事掲載時から一部内容が変更になりました。

出町座(仮)外観イメージ図
出町座(仮)外観イメージ図
出町座(仮)1Fフロアイメージ図
出町座(仮)1Fフロアイメージ図
出町座(仮)BF映画館イメージ図
出町座(仮)BF映画館イメージ図
出町座(仮)BF映画館イメージ図
出町座(仮)BF映画館イメージ図
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開