ニュース

TOLTAのパフォーマンス公演『人間関数』 会場は北千住の新スペースBuoy

TOLTAのパフォーマンス『人間関数―トルタオーディオブック』が、7月9日に東京・Buoy北千住アートセンターで実施される。

「ヴァーバル・アート・ユニット」として、詩を中心とした作品の発表を行なっているTOLTAによる同公演。2011年に書籍の形態で発表された作品『トルタオーディオブック』を再解釈する内容で、会場を回遊しながら鑑賞する公演となる。

出演者にはTOLTAに所属する山田亮太、関口文子、河野聡子、佐次田哲に加え、カゲヤマ気象台、川口晴美、小阪亜矢子、橘上、永澤康太、中島裕介、広瀬大志、文月悠光、宮尾節子が名を連ねている。チケットの予約は現在受付中。なおTOLTAは7月1日に同会場で詩のワークショップ『今日の原稿用紙』を開催する。

上演会場となるBuoy北千住アートセンターは、7月にオープンする新スペース。過去にボウリング場や銭湯として使用されていた建物を、劇場、稽古場、ギャラリー、カフェ、イベントスペースを擁する文化複合施設として改装する。芸術監督を務めるのは劇団・空(utsubo)主宰の岸本佳子。現在、機材購入費やプログラムの運営費を募集するクラウドファンディングプロジェクトが実施中だ。

同会場の今後の公演予定者には、contact Gonzo、飴屋法水たち、sons wo:、新聞家、ゲッコーパレード、Aokid、玉田企画、バストリオ、範宙遊泳、ヌトミック、篠田千明、AAPA、モメラス、ジエン社、じゅんじゅん、岩渕貞太、MOKK、空(utsubo)が名を連ねている。

TOLTA『人間関数―トルタオーディオブック』ビジュアル
TOLTA『人間関数―トルタオーディオブック』ビジュアル
Buoy北千住アートセンター内観
Buoy北千住アートセンター内観
Buoy北千住アートセンター内観
Buoy北千住アートセンター内観
Buoy北千住アートセンター内観
Buoy北千住アートセンター内観
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bunkamuraオーチャードホール ヴェルディ:オペラ『オテロ』(演奏会形式) 最新PR動画

映像演出にライゾマティクスリサーチを迎え、9月8日、10日と上演されるオペラ『オテロ』(演奏会形式)の最新動画。オーチャードホールの天井の高いオーチャードホールのシェルター型反響板の壁面全体に映し出されるのは指揮者アンドレア・バッティストーニの両腕から解析した映像。まさに「誰もみたことのない『オテロ』」が観られるはず。(宮原)