ニュース

山川冬樹の70時間連続ライブ『LIVE FOR 70 HOURS』 「生」そのものを展示

山川冬樹『LIVE FOR 70 HOURS』キービジュアル Photo: Ken Kato
山川冬樹『LIVE FOR 70 HOURS』キービジュアル Photo: Ken Kato

山川冬樹のパフォーマンス『LIVE FOR 70 HOURS』が、7月7日から7月9日まで開催される。

現代美術家・ホーメイ歌手の山川冬樹が、70時間連続で実施する『LIVE FOR 70 HOURS』。「生」そのものをインスタレーションとして展示するというコンセプトのもと、身体、音響、光、映像といった要素を用いてライブを行なう。

山川はTwitterに「訳がわからなくてすみません。でもこんなよのなかで、訳がわからないことを演らなければ死んでしまう気がしてならないので演るのです。果たして演り遂げられるのか…でも、演るんだよ!」と投稿している。

チケットは現在販売中。上演期間中は会場が常時開放されており、時間にかかわらず何度でも入場することが可能だ。

山川冬樹『LIVE FOR 70 HOURS』キービジュアル Photo: Ken Kato
山川冬樹『LIVE FOR 70 HOURS』キービジュアル Photo: Ken Kato
山川冬樹 Photo: Yusuke Tsuchida
山川冬樹 Photo: Yusuke Tsuchida
山川冬樹 Photo: Yusuke Tsuchida
山川冬樹 Photo: Yusuke Tsuchida
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)