ニュース

黒沢清『散歩する侵略者』スピンオフドラマに夏帆、染谷将太、東出昌大ら

『予兆 散歩する侵略者』キービジュアル ©2017「散歩する侵略者」スピンオフ プロジェクト パートナーズ
『予兆 散歩する侵略者』キービジュアル ©2017「散歩する侵略者」スピンオフ プロジェクト パートナーズ

ドラマ『予兆 散歩する侵略者』が、9月18日からWOWOWプライムで放送される。

同作は、9月9日から全国で公開される黒沢清監督の映画『散歩する侵略者』のスピンオフドラマ。『散歩する侵略者』のアナザーストーリーを、新たな設定とキャストで描いた全5話のドラマとなる。監督は映画版と同じく黒沢清。キャストには夏帆、染谷将太、東出昌大らが名を連ねている。

夏帆が演じるのは、「家に幽霊がいる」と同僚から告白されたことを皮切りに、身辺で次々と起こる異変に巻き込まれていく山際悦子役。染谷将太が演じるのは、悦子の夫で、やがて精神的に追い詰められていく辰雄役。東出昌大は辰雄が勤める病院の新任外科医で、悦子に「地球を侵略しに来た」と告げる男・真壁司郎役を演じる。

黒沢清監督は同作について「映画版をサポートするためにささやかに企画されたものでしたが、主演三人の神がかった熱演もあって、予想外に獰猛な作品に仕上がりました」とコメント。夏帆は「宇宙人に地球を侵略される、一見突飛なお話ですが、人間という生き物を、滑稽でおもしろく、そして美しく描いた作品だと思います。映画とあわせて、ぜひ楽しみにしていてください」と語っている。なお同作は、9月7日からWOWOWメンバーズオンデマンドで先行配信される。

映画『散歩する侵略者』は、前川知大が主宰する劇団イキウメの同名舞台をもとにした作品。数日間行方不明になった後に、妻・鳴海のもとに戻った加瀬真治が「地球を侵略しに来た」と告白するというあらすじだ。キャストは長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己ら。ドラマ『予兆 散歩する侵略者』と同じく東出昌大も出演する。

夏帆のコメント

悦子という、揺るぎのない強さを持つ女性をどうやって演じたらいいのか、自分の未熟さに葛藤する日々でした。
それでも心から尊敬する方達と共に、ずっと憧れていた黒沢監督の世界に身を置くことができて、夢のような素晴らしい時間を過ごすことができました。
宇宙人に地球を侵略される、一見突飛なお話ですが、人間という生き物を、滑稽でおもしろく、そして美しく描いた作品だと思います。映画とあわせて、ぜひ楽しみにしていてください。

染谷将太のコメント

久々の黒沢組に胸踊らせながら、素敵な時間を過ごさせていただきました。過激に、そして静かに、侵略される日々をおくり、毎日の景色が変わっていく。そんな日々を黒沢監督のもと夏帆さん、東出さんと共有できたことを感謝しています。まだ完成はみていないですが、ずっとみていられる、ずっと見守りたくなる、そんな作品となっているような気が勝手にしています。映画と合わせてこの世界に浸っていただけたら幸いです。日常が侵略された時、何が残るのか、この作品を目撃するのが自分もとても楽しみです。

東出昌大のコメント

敬愛する黒沢監督のもと、高橋洋さんの素敵で怖い台本でお芝居出来る事が、嬉しくてたまりませんでした。染谷さんとは久し振りの共演になりましたが、また現場をご一緒出来て、心から嬉しく、力になりました。色々な感慨もある中、視聴者の方々がご覧になったことの無いような、新しいワクワクするものになればと、撮影をしてきました。是非、楽しみに待っていてください。

黒沢清監督のコメント

『予兆 散歩する侵略者』について
映画版をサポートするためにささやかに企画されたものでしたが、主演三人の神がかった熱演もあって、予想外に獰猛な作品に仕上がりました。本篇が進行するすぐとなりでこんなことが起こっていようとは誰が想像できたでしょう。
前川知大の『散歩する侵略者』は、こうなる可能性も秘めていたのです。

夏帆について
彼女の素早さに驚きました。何が起こっても迷いなく一瞬にして行動を開始するその様は、日本人離れしていて観客の目をくぎ付けにするでしょう。

染谷将太について
白でも黒でもないグレーゾーンを、これほど的確に演じることのできる若手俳優は他にいないでしょう。もはや成熟を通り越して老獪の域に達しています。

東出昌大について
これほど妖艶な演技を見せてくれるとは思ってもいませんでした。何かが彼の上に舞い降りたのか、それともしたたかな計算か、わからないところが魅力です。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS“にゃー feat.矢野顕子”

猫の気ままな散歩の様子を描いたラップが、ほぼタブラのみで作られた5.5拍子のトラックに乗せられる、ほぼ猫のPV。坂本美雨の愛猫「サバ美」をはじめ、いろいろな猫が出演している。ボーカリストとして参加している矢野顕子が歌う<にゃーにゃー>という歌詞が印象的。(宮原)