ニュース

長島有里枝の写真展『そしてひとつまみの皮肉と、愛を少々。』 TOPで開催

長島有里枝『わたしたちの部屋(朝)』〈SWISS〉より 2007年 発色現像方式印画 東京都写真美術館蔵
長島有里枝『わたしたちの部屋(朝)』〈SWISS〉より 2007年 発色現像方式印画 東京都写真美術館蔵

長島有里枝の写真展『そしてひとつまみの皮肉と、愛を少々。』が9月30日から東京・恵比寿の東京都写真美術館で開催される。

1973年に東京で生まれた写真家の長島有里枝。2000年に写真集『PASTIME PARADISE』で『第26回木村伊兵衛写真賞』を受賞したほか、2010年にはエッセイ『背中の記憶』が『第23回三島由紀夫賞』候補となり、同作で『第26回講談社エッセイ賞』を受賞するなど幅広い活動を展開している。

長島有里枝にとって公立美術館では初の個展となる同展。初期を代表するセルフポートレイトのシリーズをはじめ、家族を撮影したシリーズ作品や1990年代のユースカルチャーを切り取った『empty white room』のシリーズ、アメリカ留学中の作品、2007年にスイスのアーティスト・イン・レジデンスで滞在制作した植物のシリーズ、女性のライフコースに焦点を当てた新作などを展示する。

会期中の10月8日には長島有里枝と野中モモによるトークイベント、11月5日には長島と志賀理江子、藤岡亜弥によるトークイベントを開催。詳細は東京都写真美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

※記事掲載時から一部内容が変更になりました。

長島有里枝『Self-portrait(Brother #34)』1993年 ゼラチン・シルバー・プリント 東京都写真美術館蔵
長島有里枝『Self-portrait(Brother #34)』1993年 ゼラチン・シルバー・プリント 東京都写真美術館蔵
長島有里枝〈empty white room〉より 1994年 発色現像方式印画
長島有里枝〈empty white room〉より 1994年 発色現像方式印画
長島有里枝〈家族〉より 1994年 発色現像方式印画
長島有里枝〈家族〉より 1994年 発色現像方式印画
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“庭をでて”

2月21日発売のThe Wisely Brothers待望のフルアルバムから“庭をでて”のPVが公開。森の中で演奏する姿は、絵本の中に登場する動物たち、もしくは妖精たちの演奏会のよう。3人の仲の良さとバランスの良さが伝わる、見るたびにワイズリーの魅力が発見できるPV。(川浦)

  1. 凛として時雨が語る、結成から15年。なぜ確固たる地位を築けた? 1

    凛として時雨が語る、結成から15年。なぜ確固たる地位を築けた?

  2. りゅうちぇるが歌手活動開始 本日配信のデビュー曲はケンモチヒデフミ作曲 2

    りゅうちぇるが歌手活動開始 本日配信のデビュー曲はケンモチヒデフミ作曲

  3. 佐藤隆太&把瑠都のドラマ『弟の夫』ビジュアル公開 原作漫画の展覧会も 3

    佐藤隆太&把瑠都のドラマ『弟の夫』ビジュアル公開 原作漫画の展覧会も

  4. アートと花見を楽しむ『美術館の春まつり』 東京国立近代美術館で開催 4

    アートと花見を楽しむ『美術館の春まつり』 東京国立近代美術館で開催

  5. 稲垣吾郎主演×阪本順治監督『半世界』 共演に長谷川博己、池脇千鶴ら 5

    稲垣吾郎主演×阪本順治監督『半世界』 共演に長谷川博己、池脇千鶴ら

  6. 名門「EMI Records」のトップに34歳が抜擢。業界の行先を訊く 6

    名門「EMI Records」のトップに34歳が抜擢。業界の行先を訊く

  7. モネ、マネ、セザンヌなど一挙展示『至上の印象派展』 約半数が日本初公開 7

    モネ、マネ、セザンヌなど一挙展示『至上の印象派展』 約半数が日本初公開

  8. 是枝裕和の新作に池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴ら タイトルは『万引き家族』 8

    是枝裕和の新作に池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴ら タイトルは『万引き家族』

  9. 岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』 9

    岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』

  10. マキシマムザ亮君次男が描く「奇怪なイラスト」展 奥浩哉らのリメイク作も 10

    マキシマムザ亮君次男が描く「奇怪なイラスト」展 奥浩哉らのリメイク作も