長島有里枝の写真展『そしてひとつまみの皮肉と、愛を少々。』 TOPで開催

長島有里枝の写真展『そしてひとつまみの皮肉と、愛を少々。』が9月30日から東京・恵比寿の東京都写真美術館で開催される。

1973年に東京で生まれた写真家の長島有里枝。2000年に写真集『PASTIME PARADISE』で『第26回木村伊兵衛写真賞』を受賞したほか、2010年にはエッセイ『背中の記憶』が『第23回三島由紀夫賞』候補となり、同作で『第26回講談社エッセイ賞』を受賞するなど幅広い活動を展開している。

長島有里枝にとって公立美術館では初の個展となる同展。初期を代表するセルフポートレイトのシリーズをはじめ、家族を撮影したシリーズ作品や1990年代のユースカルチャーを切り取った『empty white room』のシリーズ、アメリカ留学中の作品、2007年にスイスのアーティスト・イン・レジデンスで滞在制作した植物のシリーズ、女性のライフコースに焦点を当てた新作などを展示する。

会期中の10月8日には長島有里枝と野中モモによるトークイベント、11月5日には長島と志賀理江子、藤岡亜弥によるトークイベントを開催。詳細は東京都写真美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

※記事掲載時から一部内容が変更になりました。

イベント情報

長島有里枝
『そしてひとつまみの皮肉と、愛を少々。』

2017年9月30日(土)~11月26日(日) 会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館
時間:10:00~18:00(木、金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで) 休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)、9月19日 料金:一般800円 学生700円 中高生・65歳以上600円 ※小学生以下、都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料 ※第3水曜日は65歳以上無料

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 長島有里枝の写真展『そしてひとつまみの皮肉と、愛を少々。』 TOPで開催

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて