ちょんまげの市原隼人が現代に迷い込む 映画『サムライせんせい』予告編

映画『サムライせんせい』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

今回公開された予告編「薩長土肥バージョン」では、市原隼人演じる現代に迷い込んだ侍・武市半平太が学習塾を手伝う様子や、半平太の「わしの弟子なら、この日の本をよくするために、全力で奔走せないかんぜよ」というセリフなどに加えて、忍成修吾演じる半平太の盟友・坂本竜馬、物語のキーパーソンとなる橋爪功演じる佐伯老人、奥菜恵演じる半平太の妻らの姿が確認できる。あわせて公開されたポスタービジュアルには、「この時代も悪うないぜよ」というキャッチコピーと共に武市半平太の姿が写し出されている。

黒江S介の同名漫画が原作の『サムライせんせい』は、幕末の牢獄から現代の日本にタイムスリップした高知出身の志士・武市半平太を主人公にした作品。幕末と平成の間の様々なカルチャーギャップに戸惑いながら居候先の塾を手伝う半平太や、同じくタイムスリップした坂本竜馬らの姿が描かれる。メガホンを取ったのは『新選組オブ・ザ・デッド』『19』などの渡辺一志。11月18日から高知・TOHOシネマズ高知ほかで先行公開され、2018年春から全国公開される。

作品情報

『サムライせんせい』

2017年11月18日(土)からTOHOシネマズ高知ほかで先行公開、2018年春から全国公開
監督:渡辺一志 原作:黒江S介『サムライせんせい』(リブレ) 出演: 市原隼人 忍成修吾 奥菜恵 押田岳 武イリヤ 橋爪功 ほか 上映時間:93分 配給:ピーズ・インターナショナル
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ちょんまげの市原隼人が現代に迷い込む 映画『サムライせんせい』予告編

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて