上野公園にアート展示 『TOKYO数寄フェス』に日比野克彦、大巻伸嗣ら

アートイベント『TOKYO数寄フェス2017』が11月10日から東京・上野で開催される。

上野恩賜公園エリア周辺の博物館、美術館、美術大学などが連携する組織・上野「文化の杜」が主催の『TOKYO数寄フェス』。岡倉天心の「数寄」という言葉を軸にアート作品の展示や、トークイベント、ワークショップ、コンサートなどを展開する。今回のディレクターを務めるのは住友文彦。

会期中には、日比野克彦+海部陽介、鈴木太朗、橋本和幸、大巻伸嗣らによるインスタレーションや、東京藝術大学の学園祭で学生が制作した神輿の優秀作などを展示。詳細は『TOKYO数寄フェス2017』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『TOKYO数寄フェス2017』

2017年11月10日(金)~ 11月19日(日) 会場:東京都 上野恩賜公園、東京国立博物館、東京都美術館、東京文化会館、谷中地域ほか
参加作家: 日比野克彦+海部陽介 鈴木太朗 橋本和幸 大巻伸嗣 ほか
  • HOME
  • Art,Design
  • 上野公園にアート展示 『TOKYO数寄フェス』に日比野克彦、大巻伸嗣ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて