ニュース

ねごと今年2枚目のフルアルバム『SOAK』12月発売 「貪欲さに正直でいたい」

ねごと
ねごと

ねごとのニューアルバム『SOAK』が12月13日にリリースされる。

ねごとにとって2月にリリースした『ETERNALBEAT』に続く、今年2枚目のフルアルバムとなる同作。中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)プロデュースによる“DANCER IN THE HANABIRA”や、映画『トリガール!』の挿入歌“ALL RIGHT”、ボーナストラックとしてスピッツの“空も飛べるはず”のカバーを含む全11曲を収録する。

初回生産限定盤には、“DANCER IN THE HANABIRA”のPVや、YUYU(東京ゲゲゲイ)による同曲の別バージョンのPV、6月に東京・恵比寿のLIQUIDROOMで行なわれたライブ『ETERNALBEAT NIGHT』から3曲を収めたDVDが付属。また同日12月13日には、3月に東京・お台場のZepp DiverCityで開催された『ねごと ワンマンツアー2017“ETERNALBEAT”』のツアーファイナルの模様を収めた映像作品をリリースする。

さらにねごとは、2018年2月9日の東京公演を皮切りに約1年ぶりとなるワンマンツアー『ねごとワンマンツアー2018「SOAK」』を開催。公演日などの詳細はねごとのオフィシャルサイトで確認しよう。チケットの先行予約は本日10月20日21:00からオフィシャルモバイル会員サイト「NEGOTO hiroba」で受付開始。

蒼山幸子(ねごと)は「2017年、駆け抜けていくほど、生み出すことへの情熱がより濃くなっていった感覚があって、その貪欲さに正直でいたいなと強く思いながら作ったアルバムです」とコメントを寄せている。

蒼山幸子(ねごと)のコメント

「SOAK」という、新しいアルバムが出来ました。意味は“染み込む”。
2017年は「ETERNALBEAT」というアルバムを出し、シングルも出し、そして新たにこの「SOAK」が生まれました。
2017年、駆け抜けていくほど、生み出すことへの情熱がより濃くなっていった感覚があって、その貪欲さに正直でいたいなと強く思いながら作ったアルバムです。
名前の意味の通り、ぐさっと心の底へ染み渡っていくような、胸のどこかが滲んで、でも強くなれるような。そんな作品になった気がしています。
心に置いてもいい、と思える一枚になったらうれしい。ぜひ聞いてください。

ねごと『SOAK』収録内容

[CD]
1. DANCER IN THE HANABIRA
2. INSIDE OUTSIDE
3. WORLDEND
4. サタデーナイト
5. Fall Down
6. moon child
7. undone
8. ALL RIGHT
9. シリウス
10. 水中都市
11. 空も飛べるはず [Bonus Track]
[DVD]
1. DANCER IN THE HANABIRA -Music Video-
2. DANCER IN THE HANABIRA -Music Video -Dancer ver.-
3. DANCER IN THE HANABIRA 2017/6/26 LIQUIDROOM 「ETERNALBEAT NIGHT」
4. 空も飛べるはず 2017/6/26 LIQUIDROOM 「ETERNALBEAT NIGHT」
5. ALL RIGHT 2017/6/26 LIQUIDROOM 「ETERNALBEAT NIGHT」
※DVDは初回生産限定盤に付属

ねごと『“ETERNALBEAT”TOUR 2017』収録内容

1. PLANET
2. DESTINY
3. Ribbon
4. holy night
5. 天使か悪魔か
6. school out
7. シンクロマニカ
8. cross motion
9. mellow
10. メルシールー
11. 君の夢
12. シグナル
13. endless
14. アシンメトリ
15. ETERNALBEAT
16. ループ
17. 凛夜

ねごとライブ風景
ねごとライブ風景
画像を拡大する(2枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」