ロロ『父母姉僕弟君』再演 音楽は曽我部恵一、衣装は伊賀大介

劇団ロロの舞台『父母姉僕弟君』が11月2日から東京・新宿のシアターサンモールで再演される。

2012年に同劇団の8本目の本公演として初演された『父母姉僕弟君』。妻を亡くした男が妻との思い出の地を目指して旅をする道中、奇天烈なキャラクターたちとの出会いと別れを繰り返しながら、家族を作っていくというあらすじだ。演出、脚本は同劇団主宰の三浦直之。

再演となる今回は、音楽を曽我部恵一(サニーデイ・サービス)が担当し、複数の書き下ろし曲を提供。衣裳はスタイリストの伊賀大介が手掛けた。SoundCloudでは曽我部恵一のボーカルバージョンとなる劇中曲“父母姉僕弟君 demo.”が公開中だ。

出演者には、ロロの亀島一徳、篠崎大悟、島田桃子、望月綾乃、森本華に加えて、客演の緒方壮哉、北村恵(ワワフラミンゴ)、多賀麻美(青年団)、田中佑弥(中野成樹+フランケンズ)、松本亮が名を連ねる。

イベント情報

ロロ
『父母姉僕弟君』

2017年11月2日(木)~11月12日(日)全14公演 会場:東京都 新宿シアターサンモール
演出・脚本:三浦直之 音楽:曽我部恵一 出演: 亀島一徳 篠崎大悟 島田桃子 望月綾乃 森本華 緒方壮哉 北村恵 多賀麻美 田中佑弥 松本亮 料金: 前売 一般4,500円 学生3,500円 高校生以下1,000円 当日 一般5,000円 学生4,000円 高校生以下1,500円
  • HOME
  • Stage
  • ロロ『父母姉僕弟君』再演 音楽は曽我部恵一、衣装は伊賀大介

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて