ニュース

『TPAM 2018』プログラム発表 contact Gonzo×メタルバンドなど多彩公演

2018年2月10日から神奈川・横浜の各会場で開催される『TPAM - 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2018』のプログラムが発表された。

国内外の舞台芸術が集う『TPAM - 国際舞台芸術ミーティング in 横浜』。アジアと世界の舞台芸術の動向を伝える公演プログラム『TPAMディレクション』、国内外の舞台芸術関係者がシンポジウムやプレゼンテーション、セミナーを行なう交流プログラム『TPAMエクスチェンジ』、公募プログラム『TPAMフリンジ』で構成される。前回は41の国と地域から423人、日本から529人のプロフェッショナルが参加。入場者はのべ2万人を超えた。

恩田晃、加藤弓奈らがディレクターを務める『TPAMディレクション』には、サウンドアーティストのサムソン・ヤンによる「非殺傷音響兵器」を用いたパフォーマンス『カノン』や、contact Gonzoとフィリピン・マニラのメタルコアバンドによる『群衆の音像(仮)』、梅田哲也と神奈川・横浜のKAAT神奈川芸術劇場の技術スタッフが劇場の機構そのものを「上演/演奏」する『インターンシップ』、恩田晃と高橋悠治による対談『ホセ・マセダについて』など14プログラムがラインナップ。

『TPAMエクスチェンジ』では、平田オリザの講演『光速・日本近代演劇史』などが行なわれる。『TPAMフリンジ』の参加アーティストにはSuper Theater 小池博史ブリッジプロジェクト、康本雅子、冨士山アネット、革命アイドル暴走ちゃん、篠田千明、平原慎太郎/OrganWorks、Co.山田うんらが名を連ねている。

各公演の詳細やチケット情報は『TPAM - 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2018』のオフィシャルサイトで確認しよう。

contact Gonzo Photo by Yoshikazu Inoue
contact Gonzo Photo by Yoshikazu Inoue
サムソン・ヤン『カノン』
サムソン・ヤン『カノン』
梅田哲也『インターンシップ』 ©Rody Shimazaki
梅田哲也『インターンシップ』 ©Rody Shimazaki
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報 1

    15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報

  2. TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開 2

    TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開

  3. KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集 3

    KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集

  4. 『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念 4

    『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念

  5. 映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も 5

    映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も

  6. toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感 6

    toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感

  7. 『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨 7

    『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨

  8. ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること 8

    ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること

  9. ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』 9

    ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』

  10. 放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問 10

    放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問