荒井敦史×岡山天音がW主演 青春ロードバイク映画『神さまの轍』特報公開

映画『神さまの轍』が、2月24日から京都で先行公開後、3月17日から東京・新宿武蔵野館ほかで全国公開される。

同作は、同じ京都の中学に通い、ロードバイクに熱中した勇利と洋介が数年後に再会する物語。プロのロードレーサーになることを決めた勇利と、社会人となってロードバイクに乗ることをやめた洋介の人生が、地元の京都・井手町で行なわれるロードレース大会『ツールド KYOTO2019』で交錯するというあらすじだ。

勇利役を荒井敦史、洋介役を岡山天音が演じ、ダブル主演を務める。共演者は六角精児、津田寛治、阿部進之介ら。監督・脚本を手掛けるのは、同作が商業映画デビュー作となる作道雄。主題歌にはフレデリックの“たりないeye”が起用され、音楽は宮内優里、中村佳穂が担当する。

あわせて特報映像とポスタービジュアルが公開。映像ではロードバイクレースのシーンや、「こいつで生きていこうと思ってんねん、自転車で」と話す勇利の姿、洋介が「俺、ようやくこっからやねん」と話すシーンなどが確認できる。

作品情報

『神さまの轍』

2017年2月24日(土)から京都先行公開、3月17日(土)から新宿武蔵野館、アップリンクほか全国公開
監督・脚本:作道雄 音楽:宮内優里、中村佳穂 主題歌:フレデリック“たりないeye” 出演: 荒井敦史 岡山天音 望月歩 吉沢太陽 川村亮介 久保陽香 アベラヒデノブ 小貫加恵 松林慎司 月亭太遊 泉原豊 阿部進之介 津田寛治 六角精児 配給:エレファントハウス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 荒井敦史×岡山天音がW主演 青春ロードバイク映画『神さまの轍』特報公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて