ニュース

「危険な読書」を指南する『BRUTUS』に川上弘美、エリイ、水野しず、phaら

特集記事「危険な読書」が、12月15日発売の『BRUTUS No.861』に掲載される。

昨冬に引き続いて掲載される「危険な読書」特集は、価値観や生き方の変化を促す読書体験がテーマ。特集内の記事「ポリティカルな読書のススメ。」には小倉ヒラク、pha、村上慧、山下陽光(途中でやめる)が登場する。また、川上弘美と赤坂憲雄の対談「食べること、交わること、混沌とすること。」、柴田元幸と青羊、トオイダイスケによる座談会「怒りの文学。」、角幡唯介とエリイ(Chim↑Pom)の対談「極限状態、漂流文学。」、松岡正剛と町田覚の対談「五感で味わう本の話。」も掲載する。

「危険な作家」を紹介する記事では平山夢明、吉野源三郎、町田康、今村夏子、ドナルド・トランプ、「世にも奇妙なSF作家グラフィティ。」ではカート・ヴォネガットやJ・G・バラード、フィリップ・K・ディックを取り上げる。模索舎や歌舞伎町ブックセンター、タコシェに「2017年で1番危なかった本」を尋ねた「危険な本屋大賞2017」、他人の「手帳類」を収集・公開している手帳類図書室に関するコラムなど、昨年の同特集以上に多彩な内容となっている。

雑誌内には小冊子「危険な漫画。」が付属。夏目房之介と島田一志の対談や、伊藤潤二のインタビューに加えて、「異形のものたち」「不穏な食卓」「愛と性の痛み」といったテーマに沿った漫画が紹介されている。

『BRUTUS No.861』表紙
『BRUTUS No.861』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る 1

    アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る

  2. 佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開 2

    佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開

  3. 広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア 3

    広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア

  4. 『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加 4

    『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加

  5. 隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン 5

    隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン

  6. 青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る 6

    青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る

  7. 片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演 7

    片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演

  8. 水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら 8

    水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら

  9. King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM 9

    King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM

  10. Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット 10

    Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット