ニュース

「危険な読書」を指南する『BRUTUS』に川上弘美、エリイ、水野しず、phaら

特集記事「危険な読書」が、12月15日発売の『BRUTUS No.861』に掲載される。

昨冬に引き続いて掲載される「危険な読書」特集は、価値観や生き方の変化を促す読書体験がテーマ。特集内の記事「ポリティカルな読書のススメ。」には小倉ヒラク、pha、村上慧、山下陽光(途中でやめる)が登場する。また、川上弘美と赤坂憲雄の対談「食べること、交わること、混沌とすること。」、柴田元幸と青羊、トオイダイスケによる座談会「怒りの文学。」、角幡唯介とエリイ(Chim↑Pom)の対談「極限状態、漂流文学。」、松岡正剛と町田覚の対談「五感で味わう本の話。」も掲載する。

「危険な作家」を紹介する記事では平山夢明、吉野源三郎、町田康、今村夏子、ドナルド・トランプ、「世にも奇妙なSF作家グラフィティ。」ではカート・ヴォネガットやJ・G・バラード、フィリップ・K・ディックを取り上げる。模索舎や歌舞伎町ブックセンター、タコシェに「2017年で1番危なかった本」を尋ねた「危険な本屋大賞2017」、他人の「手帳類」を収集・公開している手帳類図書室に関するコラムなど、昨年の同特集以上に多彩な内容となっている。

雑誌内には小冊子「危険な漫画。」が付属。夏目房之介と島田一志の対談や、伊藤潤二のインタビューに加えて、「異形のものたち」「不穏な食卓」「愛と性の痛み」といったテーマに沿った漫画が紹介されている。

『BRUTUS No.861』表紙
『BRUTUS No.861』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報 1

    15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報

  2. TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開 2

    TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開

  3. KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集 3

    KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集

  4. 『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念 4

    『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念

  5. 映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も 5

    映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も

  6. toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感 6

    toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感

  7. 『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨 7

    『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨

  8. ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること 8

    ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること

  9. ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』 9

    ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』

  10. 放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問 10

    放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問