ニュース

『ARABAKI』第3弾で布袋寅泰、アジカン、BRAHMAN、CHAI、PREDATORSら20組

『ARABAKI ROCK FEST.18』ビジュアル
『ARABAKI ROCK FEST.18』ビジュアル

野外音楽フェスティバル『ARABAKI ROCK FEST.18』の第3弾出演者が発表された。

4月28日と29日に宮城・みちのく公園北地区エコキャンプみちのくで開催される『ARABAKI ROCK FEST.18』。第3弾出演者として発表されたのは、ASIAN KUNG-FU GENERATION、男鹿ナマハゲ太鼓推進協議会(OxNxDxA)arabaki special、キュウソネコカミ、空想委員会、THE PREDATORS、THE BOHEMIANS、SION & The Cat Scratch Combo、CHAI、怒髪天、Nulbarich、NICO Touches the Walls、ニセ☆忌野清志郎(アラバキ公認)、BUCK-TICK、パノラマパナマタウン、藤原さくら、FLYING KIDS、フラカン&イノチクのアラバキフォークジャンボリー(フラワーカンパニーズ&井乃頭蓄音団フォークセッション)、BRAHMAN、布袋寅泰、魔法少女になり隊の20組。今後も追加出演者の発表を予定している。

また、開催に先駆けてプレイベント『ARABAKI ROCK FEST.18 未来サミット -HASEKURA Revolution-』が3月3日に宮城・仙台のCLUB JUNK BOXで行なわれる。当日は楽屋裏フードの試食やDate fmのラジオ番組『定禅寺ブギー』内の『アラバキラヂオ』の収録や、オーディション企画『HASEKURA Revolution』上位8組によるライブ審査も実施。「荒吐親善大使」の堂島孝平が特別審査員を務め、上位1位と2位のミュージシャンは『ARABAKI ROCK FEST.18』に出演できる。同イベントの入場券の第1次受付は2月15日19:00からスタートする。

今回のアナウンスとあわせ、シャトルバスの料金の改定も発表された。詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る