ニュース

文化庁『芸術選奨』に永瀬正敏、坂元裕二、黒沢清ら、新人賞に菅田将暉ら

坂元裕二脚本のドラマ『カルテット』で主題歌を担当したDoughnuts Hole
坂元裕二脚本のドラマ『カルテット』で主題歌を担当したDoughnuts Hole

『第68回芸術選奨文部科学大臣賞』および『第68回芸術選奨文部科学大臣新人賞』の受賞者が発表された。

文化庁が1950年から主催する両賞は、芸術の各分野において優れた業績を挙げた人物や、新たな境地を切り拓いた人物に与えられる賞。演劇、映画、音楽、舞踊、文学、美術、放送、大衆芸能、芸術振興、評論等、メディア芸術の11部門で表彰される。

今年度の大臣賞受賞者は、演劇部門の杉市和、宮城聰、映画部門の黒沢清、永瀬正敏、音楽部門の近藤譲、善養寺惠介、舞踊部門の佐藤利穂子、西川箕乃助、文学部門の金井美恵子、松家仁之、美術部門の杉戸洋、西野達、放送部門の坂元裕二、大衆芸能部門の石川さゆり、入船亭扇遊、芸術振興部門の細川展裕、評論等部門の五十殿利治、椹木野衣、メディア芸術部門の山村浩二の19人。

新人賞受賞者は、演劇部門の詩森ろば、映画部門の菅田将暉、音楽部門の杉山洋一、舞踊部門の福岡雄大、文学部門の上田岳弘、美術部門の岩崎貴宏、放送部門の加藤拓、大衆芸能部門の桃月庵白酒、芸術振興部門の久保田翠、評論等部門の村上克尚、メディア芸術部門の和田永の11人が選出された。

黒沢清の受賞対象となった成果は『散歩する侵略者』、永瀬正敏は『光』ほかの演技、菅田将暉は『あゝ荒野』ほかの演技、宮城聰は『アンティゴネ』、金井美恵子は『カストロの尻』、松家仁之は『光の犬』、杉戸洋は『杉戸洋 とんぼ と のりしろ』展、西野達は『西野達 in 別府』、坂元裕二は『カルテット』の脚本、細川展裕は『髑髏城の七人』ほか、椹木野衣は『震美術論』、山村浩二は『山村浩二 山村浩二 右目と左目でみる夢』、和田永は『エレクトロニコス・ファンタスティコス!』など。

詳細は文化庁のオフィシャルサイトで確認しよう。

※記事掲載時、受賞者の名前を誤って記載していました。訂正してお詫びいたします。

永瀬正敏が出演した映画『光』©2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、KUMIE
永瀬正敏が出演した映画『光』©2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、KUMIE
『散歩する侵略者』 ©2017『散歩する侵略者』製作委員会
『散歩する侵略者』 ©2017『散歩する侵略者』製作委員会
画像を拡大する(3枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』