ニュース

文化庁『芸術選奨』に永瀬正敏、坂元裕二、黒沢清ら、新人賞に菅田将暉ら

坂元裕二脚本のドラマ『カルテット』で主題歌を担当したDoughnuts Hole
坂元裕二脚本のドラマ『カルテット』で主題歌を担当したDoughnuts Hole

『第68回芸術選奨文部科学大臣賞』および『第68回芸術選奨文部科学大臣新人賞』の受賞者が発表された。

文化庁が1950年から主催する両賞は、芸術の各分野において優れた業績を挙げた人物や、新たな境地を切り拓いた人物に与えられる賞。演劇、映画、音楽、舞踊、文学、美術、放送、大衆芸能、芸術振興、評論等、メディア芸術の11部門で表彰される。

今年度の大臣賞受賞者は、演劇部門の杉市和、宮城聰、映画部門の黒沢清、永瀬正敏、音楽部門の近藤譲、善養寺惠介、舞踊部門の佐藤利穂子、西川箕乃助、文学部門の金井美恵子、松家仁之、美術部門の杉戸洋、西野達、放送部門の坂元裕二、大衆芸能部門の石川さゆり、入船亭扇遊、芸術振興部門の細川展裕、評論等部門の五十殿利治、椹木野衣、メディア芸術部門の山村浩二の19人。

新人賞受賞者は、演劇部門の詩森ろば、映画部門の菅田将暉、音楽部門の杉山洋一、舞踊部門の福岡雄大、文学部門の上田岳弘、美術部門の岩崎貴宏、放送部門の加藤拓、大衆芸能部門の桃月庵白酒、芸術振興部門の久保田翠、評論等部門の村上克尚、メディア芸術部門の和田永の11人が選出された。

黒沢清の受賞対象となった成果は『散歩する侵略者』、永瀬正敏は『光』ほかの演技、菅田将暉は『あゝ荒野』ほかの演技、宮城聰は『アンティゴネ』、金井美恵子は『カストロの尻』、松家仁之は『光の犬』、杉戸洋は『杉戸洋 とんぼ と のりしろ』展、西野達は『西野達 in 別府』、坂元裕二は『カルテット』の脚本、細川展裕は『髑髏城の七人』ほか、椹木野衣は『震美術論』、山村浩二は『山村浩二 山村浩二 右目と左目でみる夢』、和田永は『エレクトロニコス・ファンタスティコス!』など。

詳細は文化庁のオフィシャルサイトで確認しよう。

※記事掲載時、受賞者の名前を誤って記載していました。訂正してお詫びいたします。

永瀬正敏が出演した映画『光』©2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、KUMIE
永瀬正敏が出演した映画『光』©2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、KUMIE
『散歩する侵略者』 ©2017『散歩する侵略者』製作委員会
『散歩する侵略者』 ©2017『散歩する侵略者』製作委員会
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける