文化庁『芸術選奨』に永瀬正敏、坂元裕二、黒沢清ら、新人賞に菅田将暉ら

『第68回芸術選奨文部科学大臣賞』および『第68回芸術選奨文部科学大臣新人賞』の受賞者が発表された。

文化庁が1950年から主催する両賞は、芸術の各分野において優れた業績を挙げた人物や、新たな境地を切り拓いた人物に与えられる賞。演劇、映画、音楽、舞踊、文学、美術、放送、大衆芸能、芸術振興、評論等、メディア芸術の11部門で表彰される。

今年度の大臣賞受賞者は、演劇部門の杉市和、宮城聰、映画部門の黒沢清、永瀬正敏、音楽部門の近藤譲、善養寺惠介、舞踊部門の佐藤利穂子、西川箕乃助、文学部門の金井美恵子、松家仁之、美術部門の杉戸洋、西野達、放送部門の坂元裕二、大衆芸能部門の石川さゆり、入船亭扇遊、芸術振興部門の細川展裕、評論等部門の五十殿利治、椹木野衣、メディア芸術部門の山村浩二の19人。

新人賞受賞者は、演劇部門の詩森ろば、映画部門の菅田将暉、音楽部門の杉山洋一、舞踊部門の福岡雄大、文学部門の上田岳弘、美術部門の岩崎貴宏、放送部門の加藤拓、大衆芸能部門の桃月庵白酒、芸術振興部門の久保田翠、評論等部門の村上克尚、メディア芸術部門の和田永の11人が選出された。

黒沢清の受賞対象となった成果は『散歩する侵略者』、永瀬正敏は『光』ほかの演技、菅田将暉は『あゝ荒野』ほかの演技、宮城聰は『アンティゴネ』、金井美恵子は『カストロの尻』、松家仁之は『光の犬』、杉戸洋は『杉戸洋 とんぼ と のりしろ』展、西野達は『西野達 in 別府』、坂元裕二は『カルテット』の脚本、細川展裕は『髑髏城の七人』ほか、椹木野衣は『震美術論』、山村浩二は『山村浩二 山村浩二 右目と左目でみる夢』、和田永は『エレクトロニコス・ファンタスティコス!』など。

詳細は文化庁のオフィシャルサイトで確認しよう。

※記事掲載時、受賞者の名前を誤って記載していました。訂正してお詫びいたします。

  • HOME
  • Art,Design
  • 文化庁『芸術選奨』に永瀬正敏、坂元裕二、黒沢清ら、新人賞に菅田将暉ら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて