参加型企画『SNS展』に燃え殻、UMMMI.、藤原麻里菜が追加 SNSで作品募集中

展覧会『SNS展 #もしもSNSがなかったら』の続報が発表された。

『SNS展 #もしもSNSがなかったら』は株式会社CINRAがLINEモバイルの特別協賛のもとで開催するもの。同展では「#もしもSNSがなかったら」のタグをつけた投稿を、TwitterとInstagramで一般公募。テーマは不問で、投稿形式もツイート、写真、動画、イラスト、ブログのリンクなど自由となっている。

今回発表されたのは、新たな参加キュレーターとアーティスト。キュレーターとして著書『ボクたちはみんな大人になれなかった』で知られるコラムニストで小説家の燃え殻、CINRAによるメディア「She is」がセレクトしたアーティストのUMMMI.、藤原麻里菜が追加された。

これまでの発表ではキュレーターとして、のん、「ゆうこす」こと菅本裕子、小山健、能町みね子、「She is」選出アーティストとして最果タヒ、たなかみさき、塩谷舞の参加が明らかになっていた。

『SNS展 #もしもSNSがなかったら』の応募受付は4月10日まで。投稿の中から『SNS展 #もしもSNSがなかったら』のキュレーターに選出された作品は、5月に都内某所で開催予定の展覧会で展示される。投稿方法の詳細は展覧会の特設サイトでチェックしよう。

燃え殻のコメント

僕にとってSNSは、あの頃に1人で聴いていた深夜ラジオのような存在に近いものです。

イベント情報

『SNS展 #もしもSNSがなかったら』

2018年5月予定 会場:東京都内某所
参加アーティスト・キュレーター: のん 菅本裕子 小山健 能町みね子 燃え殻 たなかみさき 最果タヒ 塩谷舞 UMMMI. 藤原麻里菜 ほか
  • HOME
  • Art,Design
  • 参加型企画『SNS展』に燃え殻、UMMMI.、藤原麻里菜が追加 SNSで作品募集中

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて