ニュース

『美術手帖』で時代を拓くアートコレクティブ特集 Chim↑Pomやライゾマも

特集記事「アート・コレクティブが時代を拓く」が、本日3月17日発売の『美術手帖4・5月合併号』に掲載されている。

独自のアートの価値や仕組み作りを目指し、チームで活動するコレクティブの活動を取り上げ、アーティストや作品の新たな役割を明らかにする同特集。ケーススタディーとしてパープルーム、Chim↑Pom、ライゾマティクス、チームラボなどの活動をレポートするほか、新しいアートのプラットフォームの形としてOngoing Collective、Super Open Studio NETWORK、THE EUGENE Studio、コ本や honkbooks、芸宿、アーギュメンツなどの仕組みや表現方法、アジア各地、ドイツ、アメリカなどの事例を紹介する。

さらに宇川直宏(DOMMUNE)、黒瀬陽平(カオス*ラウンジ)、SIDE COREが、ストリートアートやサブカルチャーの文脈からコレクティブの役割や意義を検証する鼎談や、戦後日本のコレクティブ史を総覧した相関図、富井玲子による日本の芸術集団についての論考、原田裕規、上妻世海のコラムも掲載される。

なお『美術手帖』は5月7日発売の次号6月号から隔月での発行となる。

『美術手帖4・5月合併号』表紙
『美術手帖4・5月合併号』表紙
『美術手帖4・5月合併号』より
『美術手帖4・5月合併号』より
『美術手帖4・5月合併号』より
『美術手帖4・5月合併号』より
『美術手帖4・5月合併号』より
『美術手帖4・5月合併号』より
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告