ニュース

テレ東『スモーキング』に松田龍平、橋本マナミ、麿赤兒、高橋和也ら出演

左上から時計回りに高橋和也、松田龍平、麿赤兒、螢雪次朗、橋本マナミ、山中崇 ©岩城宏士/講談社©「スモーキング」製作委員会 ©JUNJI HATA
左上から時計回りに高橋和也、松田龍平、麿赤兒、螢雪次朗、橋本マナミ、山中崇 ©岩城宏士/講談社©「スモーキング」製作委員会 ©JUNJI HATA

現在テレビ東京で放送されているドラマ『スモーキング』の追加キャストが発表された。

岩城宏士の同名漫画を原作にした『スモーキング』は、「剥師」の佐辺ジィ、「潰師」のゴロ、「物足師」の八丁、「薬罪師」のヒフミンの4人からなる暗殺集団「スモーキング」が、公園でホームレスに身をやつしながら法や国家権力では裁けない悪を裁く営みを通じて、それぞれのトラウマを克服していく物語。佐辺ジィ役に石橋凌、八丁役に金子ノブアキ(RIZE)、ゴロ役に丸山智己、ヒフミン役に吉村界人がキャスティングされている。

今回出演が発表されたのは、ゴロが好意を寄せるミナミ役の橋本マナミ、佐辺の過去を知る松戸役の螢雪次朗、日本最大の暗殺組織クリーナーの首領・砂地役の麿赤兒、砂地の右腕で武闘派の毛沼役の高橋和也、クリーナーの構成員・若林役の山中崇、日本を裏で操る政治支援団体の若き議長・榊原役の松田龍平。

橋本は「悪を成敗しかっこいい男たちの物語に私演じるミナミがどのように絡んでいくか‥最後には衝撃の結末が!みなさん楽しみにしていてください」、麿赤兒は「怖くて優しい男達の物語だ。毒には毒を持って制する以外にない人間もいるものだ。その毒をあえて自ら飲む人間には、人間としての魅力がある。私の役は一体どうなのだろう。何やら血がたぎる思いで撮影の日を待っている次第だ。楽しみだ!」、松田龍平は「何が起こるかまだ分かりませんが、たぶん、血肉沸きおこる男達の晩餐会が開かれているのでしょう」とそれぞれコメントを寄せている。

BSジャパンでは本日4月24日から放送開始。7月27日にはNetflixで全世界全話一挙配信される。

橋本マナミのコメント

今回、大人気漫画スモーキングの実写化に関わらせていただくこととなりました!悪を成敗しかっこいい男たちの物語に私演じるミナミがどのように絡んでいくか‥最後には衝撃の結末が!みなさん楽しみにしていてください。現場も和気あいあいとしていて殺し屋が出てくるようなかんじにはみえないのですが、作品としてはおぞましくスリリングなものになっていますので木曜の深夜にドキドキしながらみていただけたら嬉しいです。

螢雪次朗のコメント

私が演じた松戸ならきっとこう言う。「ゴミみてえな俺の人生だったけど、佐辺さんとその仲間のあんちゃん達のおかげで、最後にでっかい花火を打ち上げることができたぜ。ありがとよ!」

山中崇のコメント

原作にないオリジナルのキャラクター、若林を演じます。ダーティでスモーキーな世界で、淡々と生きている男です。今後の展開をどうぞお楽しみに!

高橋和也のコメント

裏街道を歩いている男を演じるのは好きだ。日常では押し殺している凶暴性や残忍性をカメラの前で思い切り曝け出すことが出来る。しみったれた人間性を踏みにじり己の欲望のままに生きて行く。人間の醜悪さは同時に人間らしさを剥き出しにしたものだ。そういうドラマを作って何になるのか?と問われても答える事は出来ない。

麿赤兒のコメント

怖くて優しい男達の物語だ。毒には毒を持って制する以外にない人間もいるものだ。
その毒をあえて自ら飲む人間には、人間としての魅力がある。
私の役は一体どうなのだろう。何やら血がたぎる思いで撮影の日を待っている次第だ。
楽しみだ!

松田龍平のコメント

この度、スモーキングに出演することに相成りました。
何が起こるかまだ分かりませんが、たぶん、血肉沸きおこる男達の晩餐会が開かれているのでしょう。

五箇公貴(テレビ東京)プロデューサーのコメント

視聴率とは全く関係ないこのクリエイティブ優先の素敵すぎるキャスティング。
テレビ東京はどうかしている、いい意味で。
かつて名優、松田優作は自身の監督作「ア・ホーマンス」で若き石橋凌を主演に抜擢した。
その石橋凌主演のドラマでその息子であり今や日本を代表する俳優となった松田龍平が共演する。この二人が真正面から対峙する瞬間を見届けられる日が来ようとは。
明らかに何かが起こる気しかしない。これは今年最大の事件だ。

『スモーキング』 ©岩城宏士/講談社©「スモーキング」製作委員会
『スモーキング』 ©岩城宏士/講談社©「スモーキング」製作委員会
『スモーキング』 ©岩城宏士/講談社©「スモーキング」製作委員会
『スモーキング』 ©岩城宏士/講談社©「スモーキング」製作委員会
『スモーキング』 ©岩城宏士/講談社©「スモーキング」製作委員会
『スモーキング』 ©岩城宏士/講談社©「スモーキング」製作委員会
毛沼役の高橋和也 ©岩城宏士/講談社©「スモーキング」製作委員会
毛沼役の高橋和也 ©岩城宏士/講談社©「スモーキング」製作委員会
若林役の山中崇 ©岩城宏士/講談社©「スモーキング」製作委員会
若林役の山中崇 ©岩城宏士/講談社©「スモーキング」製作委員会
画像を拡大する(14枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開