ニュース

マイクDが自宅公開&細野晴臣、長濱ねるら69人登場の『POPEYE』音楽特集

特集記事「ぼくの好きな音楽。」が明日5月9日発売の『POPEYE No.854』に掲載される。

同誌にとって約15年ぶりの音楽特集となる「ぼくの好きな音楽。」。ミュージシャンに加えて、俳優、作家、映画監督、お笑い芸人らが「好きな一曲」「音楽の楽しみ方、聴き方」を語る。

巻頭では、マイクD(Beastie Boys)がアメリカ・カリフォルニア州マリブにある自宅の音楽部屋を公開し、6千枚のレコードのラインナップや、アフリカ、マリの音楽について語るほか、メイン記事「ぼくの好きな音楽。」では、総勢69人が「生涯のベスト1」、または「今お気に入りの1曲」を紹介。

「ぼくの好きな音楽。」には、細野晴臣、トミー・ゲレロ、ウェス・アンダーソン、佐野元春、松尾スズキ、大久保佳代子(オアシズ)、横山剣(クレイジーケンバンド)、東出昌大、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、高城晶平(cero)、BOSE(スチャダラパー)、せきしろ、大根仁、モトーラ世理奈、ポール・トーマス・アンダーソン、加賀美健、くっきー(野性爆弾)、西山徹、カマシ・ワシントン、みうらじゅん、藤井隆、RYO-Z(RIP SLYME)、ユンキー・キム、U-zhaan、PUNPEE、アレックス・オノルド、宇川直宏、三浦直之(ロロ)、三宅唱、小山田米呂、メイリン、辛酸なめ子、Licaxxx、長濱ねる(欅坂46)らが登場する。

さらに松尾スズキがサウナの後に聴きたい曲や、三宅唱がサイレント映画を観ながら聴きたいプレイリストを披露するほか、「スチャダラBOSEとせきしろが勝手に妄想、『俺たちならこんな紅白にするネ』」「大根さん、'90年代の日本の名盤、教えてください!」といった記事も掲載。なお同特集で紹介された楽曲はSpotifyとの連動企画でプレイリストが公開される。詳細はSpotifyの『POPEYE』アカウント「popeyemagazine」を確認しよう。

『POPEYE No.854』表紙
『POPEYE No.854』表紙
『POPEYE No.854』より
『POPEYE No.854』より
『POPEYE No.854』より
『POPEYE No.854』より
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで