ニュース

サカナクションの10周年幕張メッセ公演が映像作品化 7月リリース

サカナクション
『SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around』完全生産限定プレミアムBLOCKビジュアル
サカナクション 『SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around』完全生産限定プレミアムBLOCKビジュアル

サカナクションのライブ映像作品『SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around』が、7月25日にリリースされる。

DVDとBlu-rayでリリースされる同作は、昨年9月に千葉・幕張メッセ国際展示場ホール9~11で開催されたメジャーデビュー10周年記念公演の模様を収めたもの。3月に発売されたベストアルバム『魚図鑑』に続いて「音楽ソフトのプロダクトとしての価値の拡張」をテーマにした商品形態になっている。

用意されるのは、Blu-rayおよびDVDの「完全生産限定プレミアムBLOCK」、Blu-rayのみの「概念盤プレミアムBLOCK」、Blu-rayおよびDVDの通常盤。「完全生産限定プレミアムBLOCK」は、高さ60mm、幅152mm、奥行135mmの直方体にディスク本体と400ページにおよぶフォトブックが格納されている。「幕張の海をくり抜く」という発想から、実際に幕張沖の海上で撮影された海面のイメージが直方体の6面に施される。

500セット限定の「概念盤プレミアムBLOCK」は、ファンクラブ年会員を対象に抽選販売。「音楽ソフトのプロダクトとしての価値の拡張」というコンセプトをさらに追究したもので、完全生産限定盤と同じ寸法の直方体に、400ページにおよぶアートブック、シリアルナンバーが刻印されたカード、ライブ写真とライブ音源データが収められたオリジナルUSBが格納されている。構成する全てのプロダクトは白で統一。抽選受付期間は6月7日から6月11日までとなる。抽選方法の詳細は後日発表。

さらに「完全生産限定プレミアムBLOCK」「概念盤プレミアムBLOCK」のディスクには、当日のライブ映像に加えてライブに至るまでのメンバーやスタッフの作業を追ったドキュメンタリー映像を収録。同作に関する情報が掲載された特設サイトへのアクセスコードも封入される。

同作のデザインはグラフィックデザイナーの田中義久が担当。映像監督は前作の映像作品『SAKANAQUARIUM 2015-2016 “NF Records launch tour”-LIVE at NIPPON BUDOKAN 2015.10.27-』に続いて山田智和が務めた。

サカナクション『SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around』収録内容

[Blu-ray、DVD]
・新宝島
・M
・アルクアラウンド
・夜の踊り子
・Aoi
・シーラカンスと僕
・壁
・ユリイカ
・ボイル
・『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
・夜の東側
・三日月サンセット
・SORATO
・ミュージック
・アイデンティティ
・多分、風。
・ナイトフィッシングイズグッド
・サンプル
・ネイティブダンサー
・目が明く藍色
・特典映像『Behind the scenes of SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around』
※特典映像は「完全生産限定プレミアムBLOCK「概念盤プレミアムBLOCK」のみ

サカナクション
サカナクション
サカナクション『SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around』概念盤プレミアムBLOCK、完全生産限定プレミアムBLOCK
サカナクション『SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around』概念盤プレミアムBLOCK、完全生産限定プレミアムBLOCK
サカナクション『SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around』概念盤プレミアムBLOCKビジュアル
サカナクション『SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around』概念盤プレミアムBLOCKビジュアル
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー