佐藤緋美×青柳いづみ 藤田貴大演出『書を捨てよ町へ出よう』ビジュアル

舞台『書を捨てよ町へ出よう』のビジュアルが公開された。

公開されたビジュアルは、壁に描かれた宇野亞喜良のイラストの前で、ミナ ペルホネンの衣裳を着た佐藤緋美と青柳いづみがポーズをとっているもの。アートディレクターを名久井直子、撮影を井上佐由紀が手掛けている。

寺山修司による同名の評論、戯曲、映画のそれぞれで内容が異なる『書を捨てよ町へ出よう』。今回の公演は、2015年に映画版に基づいた藤田貴大(マームとジプシー)の演出で発表された公演の再演となり、都電沿線の廃墟のような長屋で万引き常習犯の祖母、無職の父親、ウサギを偏愛する引きこもりの妹と暮らす21歳のフリーター「私」の鬱屈した青春を、音楽と実験映像を交えて描く。

主演を18歳の佐藤緋美が務めるほか、共演者に青柳いづみ、川崎ゆり子、佐々木美奈、召田実子、石井亮介、尾野島慎太朗、辻本達也、中島広隆、波佐谷聡、船津健太、ドラマーの山本達久がキャストに名を連ねている。さらに穂村弘と又吉直樹(ピース)が映像出演する。東京公演は池袋の東京芸術劇場 シアターイーストで10月7日から。10月27日からは国内ツアーで長野、青森、北海道を巡るほか、11月21日からはパリ公演も行なわれる。

イベント情報

『書を捨てよ町へ出よう』

上演台本・演出:藤田貴大(マームとジプシー) 作:寺山修司 出演: 佐藤緋美 青柳いづみ 川崎ゆり子 佐々木美奈 召田実子 石井亮介 尾野島慎太朗 辻本達也 中島広隆 波佐谷聡 船津健太 山本達久 ほか 東京公演 2018年10月7日(日)~10月21日(日)全16公演 会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターイースト 料金:一般前売4,800円 一般当日5,300円 65歳以上4,300円 25歳以下3,800円 高校生割引1,000円 長野公演 2018年10月27日(土)、10月28日(日) 会場:長野県 上田 サントミューゼ 青森公演 2018年11月3日(土・祝)、11月4日(日) 会場:青森県 三沢市国際交流教育センター 北海道公演 2018年11月7日(水)~11月8日(木) 会場:北海道 札幌市教育文化会館 パリ公演 2018年11月21日(水)~11月24日(土) 会場:フランス パリ日本文化会館
  • HOME
  • Stage
  • 佐藤緋美×青柳いづみ 藤田貴大演出『書を捨てよ町へ出よう』ビジュアル

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて