ニュース

『ユリイカ』ケンドリック・ラマー特集に未邦訳インタビュー&SKY-HIら登場

特集記事「ケンドリック・ラマー――USヒップホップ・キングの肖像」が、本日7月27日刊行の『ユリイカ2018年8月号』に掲載されている。

ヒップホップアーティスト初の『ピュリツァー賞』受賞や、都内各所に掲出された「黒塗り」広告などでも話題を集めるケンドリック・ラマー。7月28日には『FUJI ROCK FESTIVAL '18』2日目にヘッドライナーとして登場する。同特集ではその魅力に迫り、その音楽的土壌をなしたアメリカ社会の諸問題を検証している。

ケンドリック・ラマーへの未邦訳インタビュー「なにかを背負うということ――キングの始まり、ヒップホップの未来」をはじめ、高木“JET”晋一郎が聞き手を務めたSKY-HIへのインタビュー「越境するコンシャス――ケンドリック・ラマーのショーマンシップをめぐって」、大和田俊之、磯部涼、吉田雅史による鼎談「USヒップホップの交差する地平(インターセクション)」、柳樂光隆による記事「『To Pimp A Butterfly』にみるLAジャズのうねり」などを掲載している。

そのほかの執筆者には牛田悦正、小林雅明、塚田桂子、渡辺志保、新田啓子、FUNI、玉川千絵子、藤永康政、中村寛、矢倉喬士、Genaktion、矢野利裕、奧田翔、押野素子、アボかどらが名を連ねる。

『ユリイカ2018年8月号 特集=ケンドリック・ラマー――USヒップホップ・キングの肖像』表紙 書容設計 editorial design = 羽良多平吉+えほんごラボ heiQuiti HARATA @ EDiX with ehongoLAB.
『ユリイカ2018年8月号 特集=ケンドリック・ラマー――USヒップホップ・キングの肖像』表紙 書容設計 editorial design = 羽良多平吉+えほんごラボ heiQuiti HARATA @ EDiX with ehongoLAB.
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い