ニュース

『ユリイカ』ケンドリック・ラマー特集に未邦訳インタビュー&SKY-HIら登場

特集記事「ケンドリック・ラマー――USヒップホップ・キングの肖像」が、本日7月27日刊行の『ユリイカ2018年8月号』に掲載されている。

ヒップホップアーティスト初の『ピュリツァー賞』受賞や、都内各所に掲出された「黒塗り」広告などでも話題を集めるケンドリック・ラマー。7月28日には『FUJI ROCK FESTIVAL '18』2日目にヘッドライナーとして登場する。同特集ではその魅力に迫り、その音楽的土壌をなしたアメリカ社会の諸問題を検証している。

ケンドリック・ラマーへの未邦訳インタビュー「なにかを背負うということ――キングの始まり、ヒップホップの未来」をはじめ、高木“JET”晋一郎が聞き手を務めたSKY-HIへのインタビュー「越境するコンシャス――ケンドリック・ラマーのショーマンシップをめぐって」、大和田俊之、磯部涼、吉田雅史による鼎談「USヒップホップの交差する地平(インターセクション)」、柳樂光隆による記事「『To Pimp A Butterfly』にみるLAジャズのうねり」などを掲載している。

そのほかの執筆者には牛田悦正、小林雅明、塚田桂子、渡辺志保、新田啓子、FUNI、玉川千絵子、藤永康政、中村寛、矢倉喬士、Genaktion、矢野利裕、奧田翔、押野素子、アボかどらが名を連ねる。

『ユリイカ2018年8月号 特集=ケンドリック・ラマー――USヒップホップ・キングの肖像』表紙 書容設計 editorial design = 羽良多平吉+えほんごラボ heiQuiti HARATA @ EDiX with ehongoLAB.
『ユリイカ2018年8月号 特集=ケンドリック・ラマー――USヒップホップ・キングの肖像』表紙 書容設計 editorial design = 羽良多平吉+えほんごラボ heiQuiti HARATA @ EDiX with ehongoLAB.
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. NHK『坂道テレビ』に中村勘九郎、吉岡里帆、井上芳雄ら&“黒い羊”写真も 1

    NHK『坂道テレビ』に中村勘九郎、吉岡里帆、井上芳雄ら&“黒い羊”写真も

  2. ピノキオピー、思春期に「優しさ」を学んだ大槻ケンヂとご対面 2

    ピノキオピー、思春期に「優しさ」を学んだ大槻ケンヂとご対面

  3. 石田スイ×TK from 凛として時雨 みんな何かと戦い、傷ついている 3

    石田スイ×TK from 凛として時雨 みんな何かと戦い、傷ついている

  4. Yogee New Wavesは時代を代表するバンドへ。青春の音の旅は続く 4

    Yogee New Wavesは時代を代表するバンドへ。青春の音の旅は続く

  5. 志尊淳が『HiGH&LOW THE WORST』参戦、鳳仙学園のリーダー役 特報公開 5

    志尊淳が『HiGH&LOW THE WORST』参戦、鳳仙学園のリーダー役 特報公開

  6. サカナクション山口一郎がオーストラリアの砂漠へ 「カロリーメイト」新CM 6

    サカナクション山口一郎がオーストラリアの砂漠へ 「カロリーメイト」新CM

  7. 日比野克彦が成功した理由 若手アーティストたちが自ら訊く 7

    日比野克彦が成功した理由 若手アーティストたちが自ら訊く

  8. NHK大河ドラマ『いだてん』、ピエール瀧の代役に三宅弘城 8

    NHK大河ドラマ『いだてん』、ピエール瀧の代役に三宅弘城

  9. 映画『名探偵ピカチュウ』吹替声優に竹内涼真、飯豊まりえら 新予告編公開 9

    映画『名探偵ピカチュウ』吹替声優に竹内涼真、飯豊まりえら 新予告編公開

  10. ディカプリオ×ブラピ、タランティーノ新作映画の特報&海外ビジュアル公開 10

    ディカプリオ×ブラピ、タランティーノ新作映画の特報&海外ビジュアル公開