ニュース

平和を希求する『ヒロシマ・アピールズ展』に亀倉雄策、服部一成、片岡脩ら

展覧会『ヒロシマ・アピールズ展』が8月4日から東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催される。

『ヒロシマ・アピールズ』は、原爆の記憶を絶やさず、平和を希求する想いを広く伝えるために日本グラフィックデザイナー協会、ヒロシマ平和創造基金、広島国際文化財団が行なっている活動。1983年から1989年まで、2005年から現在まで毎年1人のグラフィックデザイナーが制作した「ヒロシマの心」を訴えるポスターを、国内外に頒布している。

同展では、亀倉雄策による1983年の第1回作品『燃え落ちる蝶』から、服部一成が手掛けた今年度の『疑問符、2018』に至るまでの歴代ポスター全21作品を紹介。ポスターを手掛けた作家には亀倉雄策、粟津潔、福田繁雄、早川良雄、永井一正、田中一光、勝井三雄、仲條正義、佐藤晃一、松永真、青葉益輝、浅葉克己、長友啓典、遠藤享、奥村靫正、葛西薫、井上嗣也、佐藤卓、上條喬久、原研哉、服部一成が名を連ねる。

また13歳で被爆し、平和への願いを込めた100枚のポスター制作に挑んだ広島出身のデザイナー・片岡脩の作品も展示。生前に「生きて、子どもたちへ、さらに世代へと伝えたいことがある」と記していた片岡は片岡は、65歳で他界するまで72点のポスターを制作した。アートディレクションは浅葉克己が担当。

『ヒロシマ・アピールズ展』メインビジュアル(デザイン:浅葉克己)
『ヒロシマ・アピールズ展』メインビジュアル(デザイン:浅葉克己)
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開