レキシの新AL『ムキシ』9月発売 三浦大知、上原ひろみ、手嶌葵が参加

レキシのニューアルバム『ムキシ』が9月26日にリリースされる。
 
2016年発売の『Vキシ』以来、約2年ぶりのアルバムとなる『ムキシ』には約10曲を収録予定。DVD付きおよびCDのみの通常盤と、DVD、手書きジャケットが付属する完全初回生産限定盤の3形態が用意される。DVDにはドキュメンタリー映像『バラエティー風ドキュメンタリー番組「レキシどうでしょう~稲じゃなくていいねが欲しいの」』が収録。タイトルは6枚目のアルバムの「六」と、「無」という意味が込められている。

手書きジャケットは6枚目のアルバムとなる同作にちなんで限定16666枚を目標に制作。8月12日には題字を手書きする姿を捉えた番組がLINE LIVEビクターエンタテインメントチャンネルで配信される。

同作の第1弾ゲストアーティストも発表された。今回参加が明らかになったのは、石川五右衛門をテーマに据えた楽曲で初共演を果たす、レキシネーム「ビッグ門左衛門」こと三浦大知、2014年にツアーで共演した「オシャレキシ」こと上原ひろみ、「カモン葵」と命名された手嶌葵の3人。今後も追加ゲストアーティストの発表を予定している。

あわせて新たなビジュアルとジャケット写真が公開。新ビジュアル写真は石川五右衛門が題材となっており、撮影を蜷川実花、クリエイティブディレクターを箭内道彦が担当した。

さらに、11月から開催される全国ツアー『レキシ TOUR 2018』の追加公演も発表。2019年1月22日、23日に神奈川・横浜アリーナ、2月6日に大阪・大阪城ホールで実施される。チケットは本日8月10日18:00からオフィシャルファンクラブ先行予約受付が行なわれ、8月31日18:00からオフィシャル先行予約、11月3日から一般販売がスタートする。

リリース情報
リリース情報
リリース情報
番組情報

『手書きジャケット 16,666枚! 目指せ!ムキ新記録!』

2018年8月12日(日)21:00からLINE LIVEビクターエンタテインメントチャンネルで配信
イベント情報

『レキシ TOUR 2018』

2018年11月7日(水) 会場:北海道 旭川市民文化会館 大ホール 料金:6,480円 2018年11月8日(木) 会場:北海道 札幌 わくわくホリデーホール 大ホール 料金:6,480円 2018年11月15日(木) 会場:岩手県 盛岡市民文化ホール 大ホール 料金:6,480円 2018年11月16日(金) 会場:宮城県 仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール 料金:6,480円 2018年11月19日(月) 会場:東京都 中野サンプラザホール 料金:6,480円 2018年11月21日(水) 会場:群馬県 桐生市市民文化会館 シルクホール 料金:6,480円 2018年11月29日(木) 会場:愛知県 名古屋国際会議場 センチュリーホール 料金:6,480円 2018年11月30日(金) 会場:広島県 広島上野学園ホール 料金:6,480円 2018年12月4日(火) 会場:神奈川県 横浜 神奈川県民ホール 大ホール 料金:6,480円 2018年12月5日(水) 会場:神奈川県 横浜 神奈川県民ホール 大ホール 料金:6,480円 2018年12月10日(月) 会場:香川県 サンポートホール高松大ホール 料金:6,480円 2018年12月12日(水) 会場:熊本県 熊本 市民会館シアーズホーム夢ホール 料金:6,480円 2018年12月13日(木) 会場:福岡県 福岡サンパレス 料金:6,480円 2018年12月17日(月) 会場:兵庫県 神戸国際会館こくさいホール 料金:6,480円 2018年12月18日(火) 会場:京都府 岡崎 ロームシアター京都 メインホール 料金:6,480円 2018年12月20日(木) 会場:千葉県 市川市文化会館 大ホール 料金:6,480円 2018年12月23日(日・祝) 会場:石川県 金沢市文化ホール 料金:6,480円 2018年12月26日(水) 会場:静岡県 静岡市民文化会館 中ホール 料金:6,480円 2019年1月22日(火)、1月23日(水) 会場:神奈川県 横浜アリーナ 料金:指定席8,100円 ペア親子席13,500円 2019年2月6日(水) 会場:大阪府 大阪城ホール 料金:指定席8,100円 ペア親子席13,500円 ※4歳以上要チケット
  • HOME
  • Music
  • レキシの新AL『ムキシ』9月発売 三浦大知、上原ひろみ、手嶌葵が参加

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて