ニュース

WACKオーディション密着映画の本予告編公開「私はアイドルになりたいです」

『世界でいちばん悲しいオーディション』 ©WACK INC
『世界でいちばん悲しいオーディション』 ©WACK INC

映画『世界でいちばん悲しいオーディション』の本予告編が公開された。

1月11日に公開される同作は音楽事務所「WACK」が開催した、1週間にわたる合宿形式のオーディションの模様を捉えたドキュメンタリー映画。長崎の離島・壱岐島を舞台に、24人のアイドル候補生たちが歌、ダンス、マラソン、スクワット対決、人生ゲーム、ニコニコ生放送の24時間配信といった試練や、毎晩行なわれる脱落者発表に臨む様子が描かれる。映画にはオーディション候補生をはじめ、WACK所属のBiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiREのメンバーが出演。

BiSHの楽曲“Story Brighter”を使用した本予告編には、候補生が「私はアイドルになりたいです」と語る場面や、ダンスやマラソンをする様子、渡辺淳之介が「いいんだよ別に周りが気になるとか知らねえよ」と言い放つシーンなどが映し出されている。

岩淵弘樹監督は「24人のオーディション候補生たちが主役のドキュメンタリー映画です。1人1人の感情の沸点を基点に構成し、地を這ってでも夢に向かう人間のひたむきさを描きました」とコメントを寄せている。

岩淵弘樹監督のコメント

24人のオーディション候補生たちが主役のドキュメンタリー映画です。1人1人の感情の沸点を基点に構成し、地を這ってでも夢に向かう人間のひたむきさを描きました。さらに、夢が壊れた時に人はどうなるのか?また立ち上がるのか?逃げ去るのか?そして、感情のブレーキが壊れ、覚醒した集団はどこに向かうのか?少女たちが限界を越えながら全力で駆け抜けた1週間を、ぜひ劇場で目撃してください。

『世界でいちばん悲しいオーディション』 ©WACK INC
『世界でいちばん悲しいオーディション』 ©WACK INC
『世界でいちばん悲しいオーディション』ポスタービジュアル ©WACK INC
『世界でいちばん悲しいオーディション』ポスタービジュアル ©WACK INC
『世界でいちばん悲しいオーディション』 ©WACK INC
『世界でいちばん悲しいオーディション』 ©WACK INC
『世界でいちばん悲しいオーディション』 ©WACK INC
『世界でいちばん悲しいオーディション』 ©WACK INC
『世界でいちばん悲しいオーディション』 ©WACK INC
『世界でいちばん悲しいオーディション』 ©WACK INC
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル