ニュース

梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

特集記事「写真家の現在 今ぞ、梅佳代」が12月20日発売の『SWITCH Vol.37 No.1』に掲載される。

同特集は、日常に潜む「豊かな」断片を撮影し続けてきた写真家・梅佳代の1年を多数の撮り下ろし写真と共に記録したもの。表紙と巻頭には、梅と旧知の仲で明日12月19日に約3年ぶりのニューアルバム『POP VIRUS』をリリースする星野源が登場し、夜の浅草を舞台にしたフォトセッションを14ページにわたって掲載する。梅は「毎回『今日の星野くんを撮っておこう』って気持ちで臨んでます」、星野は「(梅さんとは)久々の撮影だったけど、やっぱりほっとしたね」とそれぞれコメント。

また梅が出産後初めて里帰りした時に故郷である石川・能登の人々や風景を撮り下ろした未発表の新作『能登』を初披露するほか、妊娠から出産までの日々を振り返る書き下ろしエッセイ「妊娠と出産」を寄稿。さらに糸井重里と梅の対談や、祖父江慎、皆川明(ミナ ペルホネン)、佐内正史、大橋裕之、ワトソン(どついたるねん)らによる「私が選ぶ梅佳代の“この一枚”」を収録する。巻末には特別企画として星野源のロングインタビューを掲載。新作に込めた思いを語る。

『SWITCH Vol.37 No.1』表紙
『SWITCH Vol.37 No.1』表紙
『SWITCH Vol.37 No.1』より
『SWITCH Vol.37 No.1』より
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告