杉本博司による狩野永徳の所在不明『安土城図屏風』ローマ探索企画第2弾

杉本博司による企画『杉本博司と宝探しの旅へ 信長最後の城「安土城図屏風」バチカン探索プロジェクト』のための資金募集が、3月25日までクラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」で行なわれている。

同企画は、現代美術作家の杉本博司が近年、作品制作のテーマとしている「天正遣欧少年使節」が1585年にローマ法王グレゴリオ13世に献上し、現在は所在不明になっている狩野永徳による『安土城図屏風』の調査をイタリア・ローマで行なうプロジェクトの第2弾。『安土城図屏風』は現存すれば安土城の全貌が確認できる資料になるという。

前回のクラウドファンディングで調達した資金では、昨年の12月から今年の1月にかけて2人の調査員を現地に派遣して調査を実施。今回の目標金額は80万円となる。集まった資金は交通費、宿泊費、日当などに充当。金額に応じたリターンには、杉本と『安土城図屏風』について語るイベントへの参加権や、調査報告書への名前記載、杉本のサイン入り『時間の終わり』展ポスターなどが用意される。詳細はMakuakeのプロジェクトページで確認しよう。

  • HOME
  • Art,Design
  • 杉本博司による狩野永徳の所在不明『安土城図屏風』ローマ探索企画第2弾

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて