渡邊琢磨が贈る怪奇映画『ECTO』上映&劇伴生演奏 映像出演に染谷将太ら

渡邊琢磨が監督、脚本、編集、音楽を手掛けた映画『ECTO』の上映とサウンドトラックの上演が、5月25日、26日に茨城・水戸芸術館 ACM劇場で開催される。

染谷将太が監督した短編映画『清澄』のスピンオフ作品として着想された『ECTO』。目的不詳のビデオゲームのように人物と風景が並置され、不条理な事物が点在する、虚構と現実の狭間にある「冥界」を舞台にした作品となる。

映像作品のキャストは『清澄』に出演した染谷将太、川瀬陽太に加え、新たに佐津川愛美が参加。抽象映像場面をTAKCOMが監督し、撮影は『きみの鳥はうたえる』などの四宮秀俊が担当している。

公演当日は渡邊の指揮による13人の弦楽アンサンブルがサウンドラックを生演奏。アンサンブルには徳澤青弦、鈴木正人、梶谷裕子、千葉広樹、波多野敦子らが名を連ねる。また各回の冒頭で『清澄』上映。ワークショップや出演者によるトークイベントなどの関連企画も予定されている。

チケットの一般販売は4月6日からスタート。

イベント情報

水戸芸術館 ACM 劇場プロデュース/アフター・ザ・シアトリカル・デイズ
『ECTO』

2019年5月25日(土)、5月26日(日)全3公演 会場:茨城県 水戸芸術館 ACM劇場
監督、脚本、編集、音楽:渡邊琢磨 抽象場面監督:TAKCOM 映像出演: 染谷将太 川瀬陽太 佐津川愛美 演奏: 梶谷裕子 鈴木絵由子 吉田篤貴 高橋暁 帆足彩 波多野敦子 角谷奈緒子 大嶋世菜 橋本歩 徳澤青弦 千葉広樹 鈴木正人 ほか 料金:一般3,000円 25歳以下1,500円
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 渡邊琢磨が贈る怪奇映画『ECTO』上映&劇伴生演奏 映像出演に染谷将太ら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて