ニュース

佐久間由衣主演『“隠れビッチ”やってました。』に小関裕太、片桐仁ら

『“隠れビッチ”やってました。』追加キャスト一覧 ©『“隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナーズ/光文社
『“隠れビッチ”やってました。』追加キャスト一覧 ©『“隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナーズ/光文社

今冬公開の映画『“隠れビッチ”やってました。』の追加キャストが発表された。

あらいぴろよによるコミックエッセイ『“隠れビッチ”やってました。』は、異性からモテ続ける事で「認められたい欲求」を満たしてきた女性が主人公。映画版のあらすじは、清楚を装いながら、計算し尽くした仕草と会話、服装などで相手の気持ちだけを弄びながら恋愛を楽しむ主人公のひろみが、同じ職場に気になる相手が現れたことから自らの本心と向き合いはじめるというもの。ひろみ役を佐久間由衣、ひろみのシェアハウス仲間でバイセクシャルの晃役を村上虹郎、自信のなさから上手くいかない恋愛を繰り返す彩役を大後寿々花、ひろみを見守る男・三沢役を森山未來が演じる。

出演が発表されたのは、小関裕太、前野朋哉、片桐仁、前川泰之、栁俊太郎、戸塚純貴、光石研、渡辺真起子ら。

小関は自然体の美容師・安藤剛役、前野は一途なバツイチ男・川田利光役、片桐はIT系肉食男子・永田裕志役、前川は包容力のあるエリート・小橋健太役、栁はノーマルな文化系男子・坂口征二役、戸塚は真面目な草食系男子・船木誠勝役、光石は幼少期のひろみにトラウマを植え付けた暴力的な父親・荒井雄二役、渡辺は暴力的な雄二に耐えてひろみを育て上げた母親・荒井涼子役をそれぞれ演じる。

小関裕太は「この映画には色んなタイプの男性が出てきます。例えば、草食系、肉食系、ノーマル系…。そんな中でも僕が演じた安藤くんは細かいことはあまり気にせず、だらんとしていて常に自然体でいる感じの、とってもいいやつです。三木監督のもと、楽しく、そして真剣に安藤くんと向き合いました。ぜひ楽しみにしていただきたいです」とコメント。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開